小型モンスター・獣人種・牙獣種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小型モンスターの情報、厄介度、小ネタなどを紹介。
ここでは「獣人種・牙獣種」に関して記載してます。

スポンサーリンク

アイルー

アイルー

種族:獣人種、厄介度★☆☆☆☆
エキス:白

皆お馴染みの白いネコ。あらゆる狩猟地で群れを成して生息している。
基本的にこちらが攻撃しなければ何もしてこない大人しい性格なので、放置で問題ないだろう。

ただし攻撃すると、手に持っている木のピッケルのようなもので攻撃してきたり、小タル、大タル爆弾で攻撃してくる。
仲間意識が強く、1匹でも攻撃すると、皆で反撃してくる。
とは言っても攻撃力は大したことなく、アイルー自体の体力も少ないので簡単に倒せる。

倒せると言っても、他の小型のように討伐出来るわけではなく、体力が0になると「あなをほる」で撤退する。
撤退時に確率で落し物をその場に残す。(確率的に50%程度)
落し物は「まんまるドングリ」「秘密のポーチ」といった清算アイテムの他「携帯シビレ罠」「携帯食料」といった消費アイテム、
そしてやや低確率で「肉球のスタンプ」を入手できる。
倒す目的は大抵このスタンプである。装備強化にちょこちょこ要求されるため、彼らに罪は無いが適度に倒して置きたい。

メラルー

メラルー

種族:獣人種、厄介度★★☆☆☆
エキス:白

アイルーの亜種とも言える黒いネコ。アイルー同様に群れで生息する。
アイルーに比べて好奇心旺盛で、ハンターにひょこひょこと近づき、手に持っているにゃんにゃん棒(?)で持ち物を掠め取ってしまう。盗んだ後は、その場で少し挑発らしき行動したのち、「あなをほる」で撤退する。

ちなみに盗み攻撃は一応ダメージもある。ほんと微ダメだが。
猫火事場中はくれぐれも気を付けたい。
なお微ダメで想像できる「英雄の盾」だが、一応ダメージは0に出来るものの、盗み無効効果は無いため盗まれる。

盗まれるアイテムはレア度3以下の消費アイテムで、シビレ罠や落とし穴、秘薬などを盗まれることもあるので少々厄介。
昔のシリーズであった「調合書」を盗まれると言うのは、最近のシリーズではない模様。よかったね。

撤退されてしまうと、狩猟地のどこかにあるメラルーの集落に持ち運ばれ、そこを調べれば取り戻せる。
大抵、撤退されたら諦める人が多い。
っていうより、撤退するまでに倒してしまえば手元に戻る。
アイルー同様体力は少ないので簡単に取り戻せる。

盗む攻撃を行う時に飛びかかってくるが、空振りすると、手を痛めたようなアクションを取るあたりは結構癒される。
また持ち物で「マタタビ」を持っていると、メラルーはそれから優先で盗もうとする。
すなわち、他の持ち物が盗まれるのを防ぐことができる。まあ「マタタビ」を単品で持ち込むことは無いだろうが。

アイルー同様、倒すと撤退時に確率で落し物をする。
肉球のスタンプが入手できることもあり、また日頃の泥棒に対する恨みを晴らすべく、アイルーよりも積極的に狩られる気がする。

ブルファンゴ

ブルファンゴ

種族:牙獣種、厄介度★★★★★
エキス:橙

追尾突進の権化その①
ハンターを見つけると積極的に突進をかましてくる非常に迷惑なイノシシ。ボスは言わずもがなドスファンゴである。
よりによって、生息範囲が広く、多くの狩猟地でブヒブヒと荒息立てながら突っ込んでくる。
大型モンスターと同伴の場合は真っ先に駆除することが勧められる。体力は少ないので、駆除自体は簡単。

ファンゴに発見されると、鼻息を立てながら狙いを定め、その後一直線に突進してくる。
当たると吹き飛ばされる上、小型モンスタの中ではややダメージが大きい。
また勢いをつけた後、突進の際には軽く軸合わせをしてくるので、少し軸を外した程度だと簡単に突き飛ばされる。
しかも群れ意識が高く、同一エリアに2~3匹は居ることが多い。一度発見されると連中が怒涛の勢いで突っ込んでくる。

通称:ロケット生肉
小型モンスターの中でも嫌われモンスターTOP3に入るのではないかと思われる。

過去作に比べると、索敵範囲は落ちているようで、ある程度近づかなければ大丈夫らしいが、
大型と戦う場合はやっぱり先に駆除しておこう。

コンガ

種族:牙獣種、厄介度★★★★☆
エキス:赤

桃色の体毛を持つゴリラ。大型化したのがババコンガである。
近づくと攻撃してくるタイプで、突進やのしかかりなど、ハンターを吹っ飛ばす攻撃が多いので厄介。
小型モンスターにしては体力がかなり多めで、集団相手だと結構手こずる。

よりによって、小型でありながら、ボスと同じく「屁」をかましてくることがある。
喰らうと当然ながら食事系アイテムが使用出来なくなるので注意したい。

火を嫌うので、「たいまつ」やスキル「燃鱗」で追い払う事ができる。
逆にこやし玉は効かない。ボスは効くのに…

遠くから見ると可愛いらしいカバのように見えるが、至近距離から見る顔面は結構変な顔である。

ブランゴ

種族:牙獣種、厄介度★★★★☆
エキス:赤

白い体毛を持つ、雪山に生息するゴリラ。
体格はコンガに似ているが、彼よりも一回り小さく動きが俊敏である。
近づくと攻撃してくるタイプで、バックステップなどもこなし、こちらの攻撃がやや当て辛い。駆除には少々手間である。

リーダーはドドブランゴ。
当然であるが、ドドブランゴの群れを成して生息している。
ドドブランゴの「あなをほる」攻撃や咆哮によって、ブランゴが地面から沸いてくることがある。
沸いてきたブランゴは非常に攻撃的で俊敏性も高くなっている。

雪玉を飛ばしてくることがあり、喰らうと氷属性やられになるため、武器種によっては真っ先に駆除しておきたい。

スポンサーリンク

役立ったら、皆に広めてー φ(・ェ・o)

  • (・ω・)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
併せてよく読まれる記事


Copy Right(C)2015 モンハン攻略・初心者講座 All Right Reserved.