ネルスキュラの情報・肉質・弱点など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ネルスキュラ」に関する肉質、特徴、攻撃パターン、立ち回り方、オススメスキル等を書いてます。
肉質に関しては過去作の情報を載せていることもあります。多少違いが出ることがありますが、参考にはなるかと…
シリーズ通してある程度通用するように書いてます。一部シリーズや難易度限定モーションはその都度記載してます。

スポンサーリンク

ネルスキュラの肉質・耐性値など

冒頭に戻る

注:MH4Gの情報になります。

肉質
ネルスキュラ肉質

状態異常耐性、その他効果
ネルスキュラ状態異常耐性

怒り状態
爪を上げて威嚇するのが移行のサイン。頭部や腹部が赤く光る。やや分かりにくい。

疲労状態
涎を垂らす。疲労中は糸玉攻撃が不発になり、天井からの糸ぶら下がり攻撃の後に転倒する。

破壊可能部位
左足の爪が破壊される。1段階怯みで破壊。肉質は硬めだが耐久値は低め。
毒棘 背中に生えている紫のトゲが折れる。
1怯み目で半分程折れ、2怯み目で完全に折れる。
     報酬は2段階破壊で確定する。
外套皮 胸部分の皮が剥がれる。2回怯みで破壊できる。
ゲリョスの皮を纏っているので、破壊報酬では「ゴム質の皮」が出ることがある。
スポンサーリンク

ネルスキュラの特徴・攻撃パターン

冒頭に戻る

ネルスキュラの特徴

初出:MH4     別名:影蜘蛛

MH4での新モンスター、種族も「鋏角種」と言う新しいものである。
毒攻撃や睡眠攻撃、糸だるま状態と状態異常を多く持ち、上位では猛毒攻撃になる。
2層あるエリアでは、下層、上層、天井によって行動パターンが変わってくる。
また、肉質も硬い部分があり、斬れ味黄〜緑程度の序盤では、部位によっては弾かれる。
更に、部位破壊前と後では弱点属性が変わる(破壊前は火、破壊後は雷に弱い。逆はあまり効かないし)

動きも他ののモンスターよりトリッキーで、初心者を苦しめる要素がてんこ盛りである。
お約束と言うべきか、MH4ではHR2昇格の緊急クエストとなっており、避けては通れない。

ネルスキュラの攻撃パターン

引っ掻き

複数の攻撃パターンがある。前方に居ると誘いやすく予備動作が分かりにくいが、当たり判定は狭く、
ある程度慣れれば回避で避けられるようになる。被弾しても、そこまでダメージは大きくない。

前方攻撃:爪を上下に振る予備動作から前方を引っ掻く。
前方攻撃(伸):↑よりも、前方のリーチが長い。。攻撃後の僅かに動きが止まる。一撃くらいは反撃可能。
なぎ払い攻撃:予備動作が殆どなく分かりづらい。横の範囲は広めだが、リーチは短め。

糸玉攻撃①

ハンターがやや離れていると誘いやすい、前方3方向に糸玉を発射する。天井ぶら下がり時も使用する。
当たると糸だるま状態になる。ダメージ自体は少ない。
また地面に着弾した場合、その周囲に糸くずがしばらく残り、それを踏んでも同様に糸だるま状態になる。

糸だるま状態はレバガチャで解除できるほか、消散剤でも解除可能。
解除が遅れると、ネルスキュラの口元に引き寄せられ、その後高確率で尻尾針攻撃の追撃を行ってくる。

糸玉攻撃②

ハンターが下層、ネルスキュラが上層に居る時に使用する。
上層から上半身のみを下層に出し、そのまま糸玉を飛ばしてくる。
2発発射のことが多い。攻撃自体の性能は①と同じ。

糸玉攻撃③

ネルスキュラの口元〜腹下辺りに居ると誘いやすい攻撃。
その場から後ろ方向にバックステップしながらハンターの居る位置に糸玉を1発飛ばしてくる。
回避すれば避けられるが、夢中で攻撃していると回避が間に合わないことが多い。

尻尾針攻撃

ネルスキュラの口元〜腹下辺りに居ると誘いやすい攻撃。
身体を少し高く持ち上げ、尻尾をやや前に出しつつ、そのまま前方を突いてくる。
予備動作の際、尻尾先から毒液が少し漏れる。
小ダメージ+下位なら睡眠、上位なら猛毒状態になる。

回避で避けられるが、当たり判定は針先だけに見えるが、思ったより広い。
なので少し遠めに回避したい。
また、糸だるま状態から引き寄せられた後は、この追撃が良くくるが、こちらも回避で大抵避けられる。

毒液垂らし

ハンターが下層、ネルスキュラがぶら下がり状態の時に使用する。
ネルスキュラの背中のトゲが地面に向いており、真下に毒液を落としていく。
地面着弾後は、しばらく地面にも毒液が残る。
真下に居なければそうそう喰らうことは無いし、上位では猛毒になるが、毒の持続は短い。解毒は不要なくらい。
地面着弾時に、一定確率で落し物になる。

抱きつき攻撃

ハンターが下層、ネルスキュラがぶら下がり状態の時に使用する。
ブランコのような動きで、一旦後ろに勢いを付けてから、真下のやや広めの範囲を攻撃する。
ダメージはやや大きいが、当たり判定は一瞬なので、慣れればフレーム回避が可能。
攻撃後はぶら下がったまましばらく動かないので、上方向にリーチのある武器なら反撃可能。
攻撃後の隙には閃光玉が当てやすく、撃墜できれば大きなチャンスになる。

飛びかかり

少し後ろにバックステップしたあと、前方に向かってかなり大きくかっ飛んでくる。
真っ直ぐ直進してくるので、横方向に回避すれば避けられるのだが、
脚先までしっかり当たり判定があり、ダメージも大きい。やや大きめに回避したい。

飛びかかり・糸張り

先ほどの飛び掛かりを応用したもの。バックステップ後糸を前方遠距離に伸ばし、
伸びた糸の縮む作用を利用して、かなりの長距離を一気に詰め寄る攻撃。
ハンターとの距離が遠い時に誘いやすく、かなり遠くても一瞬で距離を詰めてくる。
避け方は上の飛び掛かりと同じ感覚で。
本当に距離が長いので離れているからと言って安心はできない。
ぶら下がり状態からでも下層に向けてかっ飛んでくることがある。

上層への突き上げ

ハンターが上層、ネルスキュラがぶら下がり時に使用する。
ハンターの真下に位置するように移動し、そのまま上層に向かって飛び出してくる。
当たると上空に吹っ飛ばされる。真上に行かないように出来るだけ動き回ること。

鋏角噛みつき①

普段は隠している顎あたりから鋏角を伸ばして前方を噛みつく。
こちらは予備動作が分かりにい。当たると小ダメージ+毒(上位では猛毒)になる。
攻撃範囲は前方横に広め。はさむ瞬間に回避すればフレーム回避も出来る。
鋏は暫く剥き出しになり、回避が出来れば、鋏に対して反撃できる。しかも結構柔らかい。

鋏角噛みつき②

頭部を上に持ち上げつつ、鋏をごにょごにょしながら伸ばし、その後に前方攻撃する。
こちらは、鋏を展開する予備動作が目に見えて長いが、
当たり判定が前方+横方向に非常に広く、十分距離取ったかなーと思っても当たったりする。
当たると大ダメージ+毒(上位では猛毒)しかし、毒自体の持続時間は短い。
立ち位置にもよるが、離れるよりもネルスキュラに潜り込む方が良いかもしれない。
腹下辺りまで回避できれば当たらない。
こちらも回避性能なしでフレーム回避は一応可能。

G級では、鋏角を展開したまま、前方に移動しながら距離を詰めた後に挟んでくる攻撃が追加される。
通常のものよりも展開時間が少し長い。

ネルスキュラの立ち回り方・オススメスキル等

冒頭に戻る

オススメ属性

雷もしくは火属性、爆破属性

オススメアイテム

解毒薬、元気ドリンコ、閃光玉

オススメスキル

毒無効、回避性能

立ち回り方?

状態異常を多用し、特に毒(猛毒)対策に解毒薬、睡眠対策に元気ドリンコを持っておくと良い。
ただネルスキュラの場合、尻尾突き以外の毒攻撃はそれほど効果時間は長くないので、
そのまま自然回復を待っても良いかもしれない。

かなりトリッキーな動き方をするので、慣れないうちはなかなか攻撃を当てられない。
横方向やバックステップなど、こちらが接近しても絶妙なキョリを保たれることもある。
追いかけるよりも、ネルスキュラから接近してくるのを待ち、攻撃後の隙に反撃していくスタイルの方が戦いやすい。

ネルスキュラの攻略のカギその1は、戦う場所とである。
戦闘するフロアは2層になっている所が多く、下層と上層では難易度が変わってくる。

結論から言えば、上層の方が戦いやすい。
下層で戦っていると、高頻度でぶら下がり状態になり、リーチの短い武器ではなかなか攻撃が当てられない。
対するネルスキュラは真下への周囲攻撃や、遠方攻撃など自由に繰り出すため分が悪い。

一方、上層に行くことで、下層からの突き上げ攻撃が追加されるものの、動き回っていれば喰らわない。
また上層でネルスキュラを転倒させると、上層でしばらくもがいた後、地面に穴が開いて下層に落下、
更に長い時間転倒してもがく。この際は弱点の腹部も攻撃しやすく、絶好のチャンスになる。
更に落下したあと、空いた穴から飛び降りる際にジャンプ攻撃も当てられ、乗りも狙いやすい。

肝心の怯み値だが、脚は肉質こそ硬めだが、耐久値は低めであり、
集中攻撃していればよく転倒してくれる。
上記のとおり上層で転倒させれば大きなチャンスになるし、弾かれるほどではないので積極的に狙いたい。
部位破壊を狙わないのであれば、通常は脚狙い、転倒時には腹狙いがオススメ。
立ち位置的には後ろ脚付近が安全、ただよく動き回るので、上手くついて行こう。

切断武器と打撃武器で弱点が異なる。
切断武器は腹部65、頭部50、打撃武器は頭部65、腹部45となる。
頭部付近は反撃を貰いやすく、少し攻撃がずれるだけで硬い爪に吸われるので切断武器が楽。

良く動き回るが、ジャンプ攻撃の乗りエフェクト受付部位は広いので、
上層から落とした時などに乗りも蓄積させていくと乗りダウンによるチャンスも生まれる。

ゲリョスの皮を纏っているため、部位破壊前は火属性に弱く、雷は殆ど効かない。
逆に破壊後は火属性の通りが悪くなり、雷に弱くなる。なかなか面倒な性質である。
それ以外の属性はほぼ無効なので、このどちらかが良いだろう。
腹部は破壊の有無にかかわらず雷弱点なので、雷の方が良いか。
また爆破武器は耐性値が低くかなりオススメ。

スポンサーリンク

役立ったら、皆に広めてー φ(・ェ・o)

  • (・ω・)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
併せてよく読まれる記事


Copy Right(C)2015 モンハン攻略・初心者講座 All Right Reserved.