スキル:耐暑・耐寒(★☆★)の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い環境でのダメージを抑える(耐暑)
寒い環境でのスタミナ急速減少を抑える(耐寒)

スキル:耐暑・耐寒の概要

冒頭に戻る

装飾品:
耐暑
耐暑珠【1】→+2

発動スキル
+10pt:暑さ無効
−10pt:暑さ倍化

耐寒
耐寒珠【1】→+2

発動スキル
+10pt:寒さ無効
−10pt:寒さ倍化

便利度★★☆☆☆

有効な場面:
耐暑
熱い狩猟地の素材ツアーマラソンとか。
テオ・テスカトル、ダラ・アマデュラ戦

耐寒
凍土、氷海など


スポンサーリンク

主な効果・ネタ等

冒頭に戻る

耐暑

暑い地域(火山や砂漠の一部)では、その地へ居るだけで体力が徐々に奪われていくが、
当スキルの発動があれば、体力が奪われずに済む。
また、足元が熱さによるダメージ地帯になっているところでも、体力が奪われないで済む。

マイナス側が発動すると、暑い地域、熱さによる地形ダメージの体力減少速度が増加する。

基本、暑い地域に赴く際には、クーラードリンクを持って行けば特に問題はない。
地形ダメージもそこに居座らなければ大丈夫だし、そもそもダメージ地帯はエリア端が殆どで、
モンスターを狩猟する上でエリア端で立ち回るのは危険であり、あまり踏み入れる機会がない。

しかし、火山ツアーではそれなりに効果を発揮する。
MHP3、MH3Gでは幾度となく火山ツアーに行き、神おまを探し当てる、
通称炭鉱夫にとっては、毎度クーラードリンクを飲む必要が無くなるので、意外にも便利である。

まあ、スキルもドリンクも飲まず、わざと体力を減らしていき、
掘り終えたころに体力0でキャンプに戻る手法も存在したが。

MH4では、テオ・テスカトルの怒り時炎バリアーや、ダラ・アマデュラの胴体付近が熱ダメージを受けるが、
当スキルの発動で無効化できる。
結構減少速度は速く、このダメージは当スキルか、
狩猟笛の「暑さ無効」でしか無効化できないため恩恵は大きい。(クーラードリンクでは不可)

このように、一部のクエストではそれなりに役に立ってくれる。

耐寒

寒い地域(凍土、氷海など)では、スタミナの減少が空腹の他、寒さによっても減少していくが、
当スキルが発動していれば、空腹のみ(通常地域と同じ)の速度にすることが出来る。

コチラのスキルは耐暑とは違い、ホットドリンクを飲むことで同等の効果を得られる。
まして、炭鉱夫は凍土に赴くことは殆どなく、地形ダメージもないため、
耐暑と比べると需要は非常に少ない。

5スロットで気楽に発動できるが、無理に発動させることはないだろう。

スポンサーリンク

役立ったら、皆に広めてー φ(・ェ・o)

  • (・ω・)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
併せてよく読まれる記事


Copy Right(C)2015 モンハン攻略・初心者講座 All Right Reserved.