燼滅刃ディノバルドの特徴・肉質・弱点・攻略方法など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

燼滅刃ディノバルドの特徴、数値による肉質、弱点、攻撃パターン、立ち回り方、BGMなどを紹介してます。
ソロの初心者ハンターさんにも出来るだけ分かりやすく、念入りに記載していきます。
ほぼ自力で作成してますので、ミスやご意見があったら何でもご提案くださいm(_ _)m

スポンサーリンク

燼滅刃ディノバルドの肉質・耐性値・弱点など

冒頭に戻る

肉質

カッコ内は塵粉解放時

燼滅刃ディノバルド肉質

状態異常耐性、その他効果

閃光玉・シビレ罠・落とし穴は「通常/怒り/疲労」状態

燼滅刃ディノバルド状態異常耐性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広めて貰えると、管理人泣いて喜びます(=^・ω・^=)

怒り状態
バインドボイス【大】の咆哮と共に怒り状態へ移行。口元から白い吐息が漏れる。

疲労状態
残念ながら、疲労しないみたいです。

破壊可能部位
頭部: 2回怯みで破壊可能。角が折れる
背中: 1回怯みで破壊可能。背中の鱗が一部欠ける
前脚: 1回怯みで破壊可能。
尻尾: 2段階。一段階目で尻尾の鱗にヒビが入り、2段階目で切断可能。
ただし切断出来るのは塵粉解放時のみであり、それ以外では耐久値が1で止まる。
切断してもあまり尻尾のリーチは短くならない。外殻だけが抜け落ちる感じで、地面に突き刺さる。

落し物
尻尾や喉部分に塵粉を解放している状態で、その部位に攻撃して怯ませると落し物を発生。
怯み時に転倒する。
燼滅刃の塵粉という素材は落し物限定でしか入手できない。しかも18%と低い。

スポンサーリンク

燼滅刃ディノバルドの特徴・攻撃パターン

冒頭に戻る

燼滅刃ディノバルドの特徴

初出:MHX     別名:燼滅刃(じんめつじん)

二つ名持ちモンスターの一体。
通常個体と比べて、左角が巨大化しており、体色もややドス黒く、サイズも一回り大きい。
特に尻尾が長くなっており、通常種と比べて尻尾攻撃の範囲が更に広くなっている。

尻尾は最初から赤熱状態になっており、研磨することによって爆破性の塵粉を纏う。
攻撃の際に爆発することがあり、範囲、威力が更に増している。

燼滅刃ディノバルドの攻撃パターン

基本的な動きはディノバルド通常種の項目を参照。
ここでは燼滅刃ディノバルドで異なる点と新モーションについて記載していきます。

尻尾研磨

ディノバルド通常種も行った尻尾を自らの牙で研磨するモーション。
こちらもやはり攻撃のチャンスである。
通常種との違いは、尻尾の状態が最初から赤熱状態になっており、研磨することで塵粉解放モードになる。

この状態では尻尾による攻撃ので爆発するようになり、被弾すると爆破やられを伴う。
また尻尾大回転攻撃を2回連続で行ってくる。

効果は一定時間(もしくは一定攻撃回数?)続くが、塵粉解放中に尻尾を怯ませることで解除でき、転倒する。
この時落し物が出る。燼滅刃の塵粉は落し物でしか入手できないので隙を見て拾っておきたい。

口元点火

通常種同様、威嚇のような動作で口元に火を灯し塵粉解放モードになる。
この後一定時間(もしくは一定攻撃回数?)、口元から火花が散るようになり、噛みつき攻撃時に周囲に爆発性の粉塵をまき散らす。噛みつきを喰らったり、粉塵に触れることで爆破やられになる。

こちらも喉に一定ダメージを与えることで解除でき、さらに転倒させられる。落し物も出る。
尻尾研磨ほど頻度は高くないが、コチラの方がダウンは奪いやすい。

尻尾薙ぎ払い

通常種と同じモーション。直前に左右ステップを行ってから繰り出すことが多いのも通常種と同じである。
尻尾が塵粉解放時は薙ぎ払い時に爆発するようなエフェクトが発生し、範囲が広くなる。(要検証)

尻尾叩き付け

こちらも通常種同様のモーション。怒り時は2連続で行ってくる点も同じ。
尻尾が塵粉解放状態になっている時は、叩き付け時に爆発するため範囲がかなり広くなる。
また被弾も吹き飛びではなく空高く飛ぶ。また爆破やられも付いてくる。

たまに爆破やられにはならないが、やたらダメージが大きいときがあるように思える。
爆破やられの爆発が同時に起こっている??(要検証)

尻尾叩き付け(回り込み)

燼滅刃ディノバルドの新規モーション。
少し後退して間合いを取りつつ、斜め方向にジャンプしつつ、側方から尻尾を叩きつけてくる。
直撃しなくても、当たり判定ギリギリの辺りには風圧を発生させる。

ディノバルドが後退する前のハンターが居た位置辺りに尻尾が飛んでくる。斜めから来る分画面外からかっ飛んでくるので、慣れないうちはいつの間にか吹っ飛ばされたように見える。
しかしディノバルドの後退に合わせて距離を詰めていけば当たらないで済む。

尻尾大回転(単発・2連続)

通常種も行った、力を溜めつつ尻尾で居合斬りの如く薙ぎ払う攻撃。
通常種との違いは、前述した通り、尻尾塵粉解放時は2連続で行ってくる点。
一発目を放ち終えると、そのまま研磨の構えに入ってもう一発飛んでくる。
尻尾も長くなっている分範囲も更に広くなっている。

1発目を緊急回避しても、2発目を緊急回避することは出来るので焦らず回避しよう。

2発目は1発目よりも薙ぎ払うタイミングが僅かに遅い。研磨音が切れてから薙ぎ払ってくる。
フレーム回避する場合は知っておいた方が良いだろう。

また、燼滅刃ディノバルドの尻尾大回転は1発、2連続の両方とも、攻撃後に確定で威嚇する。
上位通常種にはなかった、燼滅刃の数少ない隙である。

火炎弾(正面・3方向)

通常種とモーションは同じ。
ただし地面に着弾した場合、通常種のものより爆発までの時間が短い。
喉が塵粉解放時は爆発が大きくなる。範囲が広くなるほか、煙幕の役割もあるため厄介。

走り抜け火炎弾

これも通常種と同じモーションだが、狙いが正確になっている気がする。

噛みつき・二連噛みつき・振り向き噛みつき

これも通常種と同じ。
口元が塵粉解放時は攻撃時に爆破性の粉塵をまき散らす。
噛みつきを喰らったり、粉塵に触れると爆破やられになる。

咆哮

バインドボイス【大】の咆哮。
通常種と違い、無効化するには高級耳栓が必要。

オススメスキル・立ち回り方等

冒頭に戻る

オススメ属性

水属性

あると便利かも? アイテム

シビレ罠、落とし穴などの拘束アイテム。消臭玉

オススメスキル

高級耳栓、火耐性(25以上が理想)、回避性能、細菌研究家

立ち回り方

基本的にはディノバルド通常種と同じような立ち回りを意識すると良い。
新規モーションは尻尾叩き付け(回り込み)と尻尾大回転を2連続で行う点なので、そこは意識しておきたい。

ただし咆哮を防ぐには高級耳栓が必要なこと、
割と高い頻度で貰ってしまう、爆破やられの対策として「細菌研究家」を発動させるとスキルの自由度が減ってしまう分難易度は上がるかも知れない。

またMHXでは燼滅刃の塵粉が落し物限定ということもあり、
喉や尻尾の怯みを取るために罠や麻痺などの拘束を行うことも多いが、ダウンを奪うと直前の拘束は(落とし穴でも)強制終了してしまう。
結果ガチで戦う時間が長くなり、パーティでもそれなりに立ち回れるようにならないと、この素材の入手は難しい。

スポンサーリンク

役立ったら、皆に広めてー φ(・ェ・o)

  • (・ω・)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
併せてよく読まれる記事


Copy Right(C)2015 モンハン攻略・初心者講座 All Right Reserved.