スキル:特殊攻撃(状態異常攻撃+1,+2)の効果

状態異常攻撃【毒、麻痺、睡眠、捕獲】の蓄積値を上昇(減少)させるスキル

スキル:特殊攻撃の概要

冒頭に戻る

装飾品:
特攻珠【1】→+1
特攻珠【2】→+3

発動スキル
+15pt:状態異常攻撃+2
+10pt:状態異常攻撃+1
−10pt:状態異常弱化

便利度★★★★☆

有効な場面:
毒、睡眠、麻痺の属性を持つ手数型武器


スポンサーリンク

主な効果・ネタ等

冒頭に戻る

15ptで状態異常攻撃+2が発動、蓄積値は1.225倍になる。
10ptで状態異常攻撃+1が発動し、蓄積値が1.125倍に、
−10ptで状態異常攻撃弱化が発動、蓄積値は0.75倍になる。
スキルポイントの費用対効果としては+2の方が便利。

さらに、食事・ドリンクスキル「猫の特殊攻撃術」と重複する。
MH3Gまでは、更に○○倍で計算される。

MH4では計算方法が変更された。
状態異常攻撃+2では、1.2倍+10
状態異常攻撃+1では、1.1倍+10
状態異常攻撃弱化では0.9倍になる。

食事や旋律効果も重複するが、最大1.25倍までになる。

手数の多い双剣、片手剣、あとはランス、ガンランス辺りに便利。
また、ライトボウガンのサポートには必須レベルのスキルである。

その他状態異常について

爆破属性には適用されない。
爆破も状態異常と同じ扱いだが、こちらの蓄積値を上昇させるのはボマーである。

捕獲も状態異常と同じ扱いであり、このスキルが影響する。

瀕死状態(捕獲可能状態)かつ、罠で拘束している間に、
捕獲の蓄積が150(?)以上に達していれば捕獲可能である。
通常、捕獲用麻酔玉は1発で80蓄積するので2発続けて当てれば捕獲可能になり、
罠で拘束する前に先に2発当てておいても、罠に掛かった瞬間捕獲完了するのはこのため。

ここで状態異常攻撃+2(or1)が発動していれば、
2発当ててから、罠にはめるまでの時間が多少伸びても捕獲できたりする。
しかし、麻酔玉1発で150には達しないので、結局2個当てないといけない。

にも関わらず、マイナス側が発動すると、1発で60(MH4では72)しか蓄積しないので、
捕獲するには3発当てないといけない。
さすがカプコン、コチラが困ることは徹底的にやってくれる。

スポンサーリンク

役立ったら、皆に広めてー φ(・ェ・o)

  • (・ω・)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
併せてよく読まれる記事


Copy Right(C)2015 モンハン攻略・初心者講座 All Right Reserved.