岩穿テツカブラの情報・肉質・弱点など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩穿テツカブラ」に関する肉質、特徴、攻撃パターン、立ち回り方、オススメスキル等を書いてます。
肉質に関しては現在MHXの情報を記載しています。
シリーズ通してある程度通用するように書いてます。一部シリーズや難易度限定モーションはその都度記載してます。

スポンサーリンク

岩穿テツカブラの肉質・耐性値など

冒頭に戻る

注:MHXの情報になります。

肉質 カッコ内は尻尾膨張状態
岩穿テツカブラ肉質

状態異常耐性、その他効果
閃光玉・シビレ罠・落とし穴は「通常/怒り/疲労」状態
岩穿テツカブラ状態異常耐性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広めて貰えると、管理人泣いて喜びます(=^・ω・^=)

怒り状態
バインドボイス【小】の咆哮と共に移行する。吐く息が白くなる。90秒。

疲労状態
連続突進が使用不可になる(単発になる)。減気粘液が不発になる。

破壊可能部位

牙が折れる。1怯み目で左側、2怯み目で右側が破壊。両方破壊で報酬確定。
両方破壊後は、持ち上げる岩のサイズが通常種のもの程度にサイズダウンする。
頭部と耐久値を共有しているため、肉質の柔らかい頭部を狙いたい。

背中
背中の甲殻に傷が入る。1怯みで破壊可能。対象部位は胴体。

後脚
脚に傷が入る。1段階怯みで破壊。片方破壊で報酬確定。なお尻尾は斬れそうに見えるが、切断はできない。

落し物
岩運び中に怯ませる。

スポンサーリンク

岩穿テツカブラの特徴・攻撃パターン

冒頭に戻る

岩穿テツカブラの特徴

初出:MHX     別名:岩穿(いわうがち)、悪相の千両役者

MHXにて二つ名個体として登場。
通常個体よりもひとまわり大きく、特に牙が発達しており、前方へ大きくせり上がっている。
この巨体から通常種では有り得ない程のド迫力の岩を掘り起こして攻撃してくる。
早速ジャガイモなんて笑ってはいられないほど。

とにかく巨体のパワーを用いて敵を全力で叩き潰すと言った、二つ名の中でもパワー全振りタイプのモンスターである。
地面が隆起する攻撃がとにかく多く、狩猟地の地面本当に大丈夫か?と言いたくなる。

岩穿テツカブラの攻撃パターン

基本的な動きはテツカブラ通常種を参照。ここでは岩穿テツカブラの新モーションを記載していく。

突進

通常種は3連続(ほぼ水平ジャンプ2連発+地を這う突進)だったが、岩穿の場合はさらに水平ジャンプが1回多い。
MH4GのG級テツカブラと同じもの。
しかしサイズがやや大きい分回避はやや大きく取る必要がある。

ハイジャンプ

通常種も行ったハイジャンプ。
着地時に振動が発生するが岩穿のものは範囲が非常に広くなっている。
スキル「耐震」がある方が安定するくらい。

シコ踏みドン

踏みつぶす際の範囲が広域化している。
MH4GのG級個体と同じように、広範囲で地面が隆起し、ここに触れるとダメージと共に空高く吹き飛ぶ。
直撃した場合はぶっ飛び大になる。

岩掘り・縦長版

地面に牙を突き刺し、そのまま岩を咥えて持ち上げる。その1
持ち上げた岩は楕円系の超巨大サイズで、縦方向に長くなるように咥える。

前方に長い分、当たり判定も前方に長く、砕く際もサイズに比例して当たり判定が広くなる。

岩掘り・横長版

地面に牙を突き刺し、そのまま岩を咥えて持ち上げる。その2
こちらは楕円型に超巨大な岩を横向きにして咥える。

横の範囲が非常に広く、砕く岩に被弾してしまうと確定で気絶する危険な攻撃。
しかも気絶してしまうと、後述の「溜めボディプレス」を行う確率が高く、その威力故にキャンプ行きになりかねない。

また岩持ち上げている間は尻尾の肉質が軟化するので、背後に回り込めば余裕に思えるかもしれないが、
岩穿テツカブラは器用にも、岩を咥えたまま振り回してくる。
尻尾へ回り込む場合も、テツカブラの動きには十分気を付けたい。

岩掘り・設置型

身体を軽く起こして勢いをつけ、そのまま前進しながら牙で地面を抉る。
その後真正面に通常種を軽く凌駕する超巨大な岩を設置する。
こちらは持ち運びはしない。

設置時の岩には当たり判定があるほか、通常種にはなかった本体にも判定がある模様。
更にMH4G、G級亜種のように2連続で掘り起こす。まさに壁を作るかのような状態になる。

溜めボディプレス

岩穿テツカブラの新モーションにして最大火力の攻撃。
姿勢を低くして力を溜め、そのままジャンプ。着地時に超広範囲に地面隆起を伴うボディプレスを放つ。
防御力次第では即死級のダメージになる。
(参考までに他の攻撃のモーション値が40~60程度に対し、これは120)

溜めの時間は長いが、テツカブラの向いている方向から逸れようとすると、しつこく軸合わせしてくる。
焦ってダッシュで逃げすぎて、スタミナが切れて回避できなくなったところに大技がかっ飛んでくる、と言った事態にならないために、あまり動き回らず、ギリギリまで引き付けて緊急回避する方がやり過ごしやすい。

実はこのボディプレスには弱点がある
溜めモーション中に大タル爆弾系アイテムを設置しておき、そこへ飛んでくるように誘導すれば、
着地時に大タル爆弾が爆発。同時に転倒するため一転してチャンスになる。
通常の脚怯みのダウンよりも時間が長めなので、知っておくとかなり有利になる。
スキル「罠師」があると、設置速度が速くなるため、より安全に設置できる。

岩穿テツカブラの立ち回り方・オススメスキル等

冒頭に戻る

オススメ属性

水・雷属性、状態異常武器は軒並み有効

オススメアイテム

大タル爆弾(G)

オススメスキル

耐震気絶無効耳栓罠師心眼

前述したように、持ち上げる岩のサイズが笑えるくらいにデカイので、前方からの攻撃は危険が伴う。
横向きの巨大岩を持ち上げたときは振り回しに注意しつつ、後ろ足辺りを狙って行くと割と安定して立ち回れる。
但し、後ろ脚付近に居座ると広範囲のシコ踏みを行いやすい点は注意したい。

前方は危険だが、牙を2段階破壊してしまえば、通常種と同じくらいまで岩のサイズが小さくなるため、
狙うなら乗りや麻痺、罠などで拘束し、早い段階でへし折っておくと楽。
牙は通常種とは異なり肉質20と非常に硬い。弾かれないためには白ゲージが必要。(打撃なら青ゲージでOK)
部位耐久値もやや上がっている。

牙の破壊は頭部に当ててもOKなので、
出来るだけ頭を狙いたいが、牙に吸われることを意識して、白ゲージ武器か、心眼辺りを発動させるのも一考である。
牙も頭も水・雷属性は良く通るので、これら高属性値武器も良い。

役立ったら、皆に広めてー φ(・ェ・o)

  • (・ω・)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
併せてよく読まれる記事


Copy Right(C)2015 モンハン攻略・初心者講座 All Right Reserved.