食事スキル・攻撃系

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事スキルの効果について記載していきます。
ここでは主に攻撃系・攻撃補助系スキルになります。

スポンサーリンク

ネコの投擲術

冒頭に戻る

MHXでは、いけいけソースに対応

ブーメランや投げナイフ、石ころなどの投擲アイテムのダメージが2倍になる。
2倍という倍率は非常に強力に見えるけど…まあ対象アイテムの威力が大したことないので、ほぼ空気スキルだろう。
石ころに至っては2ダメージ×2だしww(全体防御率が99%以下だと四捨五入で1ダメ×2にwww)
一応投げナイフは20あるので×2で40とまあまあ強い(状態異常ナイフは5×2)

これのネタ的使い道は、ハンマー使いによる尻尾切断か?
切断攻撃を持たないため、尻尾切断の手段となるブーメランが強化されるのはかなりの強み。
まあ切断武器担いだ方が圧倒的早いんだけど…(ハンマー縛りの人には助かるよね!

で、このスキルは、MHXで実装されたニャンターモードでも効果を発揮する。
皆が大好き、ブーメラン型ニャンターの場合、遠隔攻撃の威力が1.1倍になる。

正確にはモーション値が1.1倍になる。
これは、貫通&巨大ブーメランを発動させ、溜めブーメランを放った場合に、
四捨五入によって2Hit目以降のモーション値が1上がるため、威力が大きく上昇する仕組みになっている。
詳しくはニャンターのモーション値猫の投擲術はニャンターでも効果あり?を参照

ネコの蹴脚術

冒頭に戻る

MHXでは、いけいけソースに対応

キック(大剣の抜刀時【特殊パネル】も含む)の威力を、なんと5倍に強化するスキル。強すぎるぜ!!
しかし所詮は蹴り、元々固定2ダメージしかないので、威力は…お察しください。
(全体防御率が99%以下になると、切り捨てによって1ダメージ×5倍と見る目もないwww)

ってことで当スキルは、
パーティプレイでのクエストクリア後等において、対人戦として用いられる。
通常のキックだと仰け反りだけだが、蹴脚術発動時は勢いよく吹っ飛んでいく。
ネコも同様にかっ飛ばすことができる。

蹴っ飛ばす時は相手の状況を弁えよう。
モンスターから剥ぎ取りをしている時、採取中などをむやみに狙ってはいけない。

なお、戦闘中に麻痺してしまった味方を蹴っ飛ばせば麻痺を即座に解除できる。
オトモがかっ飛ばしてくれるアレと同じ。なかなか狙ってやるのは難しいが…

ネコの火薬術

冒頭に戻る

MHXでは、いけいけソースに対応

「〇〇タル爆弾」が、「〇〇タル爆弾G」の威力へ強化される。
主に「大タル爆弾→大タル爆弾G」、「小タル爆弾→小タル爆弾G」、「打ち上げタル爆弾→打ち上げタル爆弾G」辺り。
大タル爆弾は設置すると、Gと同じサイズになり、打ち上げタル爆弾は、Gと同じく斜め方向へ発射される。
なお、元々Gの銘が付く「大タル爆弾G」、「小タル爆弾G」、「打ち上げタル爆弾G」に関しては何も効果はない。

よって火薬術の利用方法は、アイテムポーチの枠軽減カクサンデメキンの節約調合の手間を省くことだろう。
通常ならば、大タル爆弾Gは所持数2個、大タル爆弾が3個なので、
連続で大タル爆弾Gを使う場合は「大タル+爆薬」から調合を何度も繰り返す必要があり、結構面倒くさい。
火薬術を発動させれば、「大タル+爆薬」を調合するだけで良くなり、かなり手軽になる。
スタイリッシュボマーには必須級スキルだろう。

火薬術のもう一つの効果は、爆破属性武器の蓄積を1.1倍にする効果。
MH3G以来爆破属性が登場し、相手を選ばず汎用性の高い属性であるため、結構便利。
また、スキル「ボマー」と重複可能。この場合は1.25倍になる。

ネコの火事場力

冒頭に戻る

MHXでは、いけいけソースに対応

スキルの火事場力+2とよく似たスキル。
あちらは、体力40%未満になると、攻撃力1.3倍、防御力+45の効果に対し、
ネコの火事場力は攻撃力1.35倍、防御力1.5倍と、火事場力+2を上回る。
なお、これらスキルは防御力のみ重複する。
しかも食事スキルなので発動は容易…なのだが、発動条件が恐ろしく厳しい

その条件は、体力がなんと10以下という、将に絶体絶命の状態である。
火事場力+2の場合、40%を切れば発動なので、大型モンスターの軽い攻撃くらいなら耐えることもあるのだが、
ネコの火事場力はそんな甘えは一切通用しない。
防御力上昇効果も、この体力の前には全くもって意味を成さず、
大型も軸合わせの脚に触れるどころか、虫に刺されただけでもキャンプ行きである。

また、招き猫の悪運が発動しても、火事場は発動せず、体力調整もなかなか難しい。
慣れないうちは、自分で爆破した爆弾でアボンすることも(笑)
発動は容易だが、これで立ち回るには、一切被弾しない程のプレイヤースキルが要求される。

火力上昇は他のどのスキルよりも圧倒的に高いので、
被弾しない自信があるなら、火事場で立ち回る方が圧倒的に速く狩猟できる。
タイムアタックにおいては、基本的に火事場発動は別枠として競われる。

ネコの休憩術

冒頭に戻る

MHXでは、いけいけソースに対応

クエスト中にアクション「くつろぐ」を選び、5秒が経過すると、30秒間攻撃力が上昇する。
上昇量は15

大型との戦闘中に5秒も隙を見せることは大変危険であり、交戦中に繰り出すものではない。
このスキルの使い道としては、
大型モンスターがエリアチェンジして、そのエリアへ向かうエリア境目の手前で使用するとか、
連続狩猟クエストで、次のモンスターが登場する直前、と言った具合か?

どういうわけか、スキルが発動していても、「くつろぐ」をクエスト中に使うこと自体を忘れがちである。
空気気味のスキルかもしれない。

ネコの短期催眠術

冒頭に戻る

MHXでは、いけいけソースに対応

スキルが発動すると、クエスト開始から10分間、攻撃力+3、防御力+10の強化を受ける。
上昇量は微々たるものだが、自動で発動し
ある程度手慣れたハンターなら、大体の1クエストの所要時間は10分前後くらいに落ち着くため、結構恩恵がある。
発動させたいスキルが見当たらない場合はとりあえず発動させても良いだろう。
スキルや護符&爪、鬼人薬(G)怪力の種・丸薬などどれとでも重複できる点も評価できる。

ネコのはじかれ上手

冒頭に戻る

MHXでは、いけいけソースに対応

攻撃を弾かれた時、斬れ味の消耗を半分に抑える。
要するに斬れ味は1だけ消耗することになる。

MHXでは、「業物やなまくら」と同時に発動した場合は当スキルの効果のみが発動する。
一方で「剛刃研磨」と同時に発動し、武器が強靭な間はコチラが発動する。(要するに斬れ味が落ちない)

ネコの拳闘術

冒頭に戻る

MHXでは、ソースに対応

蹴脚術のシャドウ版。
こちらはシャドウの威力を5倍にする。
シャドウの威力は。。。固定ダメージ1
あとは語る必要もないだろう。

ネコのゴリ押し術

冒頭に戻る

MHXでは、ソースに対応

攻撃が弾かれると、次の一撃のみ斬れ味補正1.05倍が掛かった状態になる。
次の一振りを当てるか空振りするかすると、効果がなくなる。

これとはじかれ上手を併用した餅つき戦法はあるものの、やはり弾かれる=ダメージはあまり通っていないし、
弾かれた隙に反撃を貰いやすいのでやっぱり微妙か。。。

スポンサーリンク

役立ったら、皆に広めてー φ(・ェ・o)

  • (・ω・)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→次の記事

併せてよく読まれる記事


Copy Right(C)2015 モンハン攻略・初心者講座 All Right Reserved.