スキル:底力(火事場力+2、+1)の効果。食事:ネコの火事場力との違いは?

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

スキル「底力(火事場力+2、+1)」の効果、装飾品名、お守り(護石)のポイントについて紹介していきます。

体力が少なくなると、ハンターの攻撃力・防御力を大幅に上昇させる。
TA御用達のスキルで、火事場力+2の運用が基本。ネコの火事場力」と比較されることも多い。


スポンサーリンク

スキル・底力の装飾品、発動スキル、お守り(護石)

装飾品名

  • 底力珠【1】→+1
  • 底力珠【2】→+3

発動スキル

  • +15pt:火事場力+2
  • +10pt:火事場力+1
  • −10pt:心配性

お守り(護石)最高pt

  • MH3G:pt(お守り)
  • MH4G:pt(お守り)
  • MHX :pt(お守り)

スキル・底力の効果

ハンターの体力が少なくなると、攻撃力・防御力が大幅に上昇するスキル。

その条件は…ハンターの体力が最大値の40%以下になること。
最大値の40%なので、食事で150まで上げれば、60以下で発動する。

上昇効果は…

  • 火事場力+1では防御力が+30から+45に増加。
  • 火事場力+2では防御力が+30から+45に増加。かつ攻撃力が1.3倍になる。

効果を見れば分かるが、実際に使われるのは火事場力+2の方である。
攻撃力1.3倍という上昇率は、アイテムやスキルなど、あらゆる強化系の手段の中でも最大級の倍率である。

一方、火事場力+1は防御力のみしか上がらないので、スキル発動の重さの割に効果が空気気味。

G級装備で下位や上位のクエストに行くならば、その高い防御力によって、体力60付近であれば効果が実感できる場合もある。
G級クエストでは、やはり敵の攻撃力が高いので、殆ど意味がない。

挑戦者」や「フルチャージ」のように、腕が光ったりはしない。

発動したかどうか知りたい場合はステータス画面を見よう。攻撃力が大幅に上がっている。

火事場力+2の運用方法

まずは…どうやって火事場発動の体力を作り出すか?である。

当スキルを発動させる場合、タイムアタックを目的としているケースも多いため、
如何にして効率よく、体力60以下まで減らすかの技量も問われる。

もっともメジャーなのは大タル爆弾G等で自爆して削る方法だろう。

自爆の吹き飛びでエリアチェンジするようにすれば、時間的ロスを抑えられる。
体力60付近では、赤ゲージの自然回復を抑えるために、にが虫や小タル爆弾で調整する場合もある。

もしくは、大タル爆弾Gをモンスターの近くで爆破して、ダメージも与えてしまう方法も有効。

敢えて最大体力が100の状態で出撃し、栄養剤グレートと爆弾ダメージのコンボで発動させる方法もあり。
(栄養剤グレートは、体力の最大値だけを増やすアイテム。回復はしない)

また、「招きネコの悪運」に懸ける方法もあり。

発動すれば体力が25の状態から始まるので、いきなり火事場状態になる。
しかも回復薬1回なら、発動圏内である。(MAX体力150の場合)

ただし、体力25になるかどうかは運であり、基本的にリタマラする羽目にもなる。

立ち回り

体力が40%以下と言うのが絶対条件であり、
自分のランクより相当下位のモンスを狩るとき以外は、基本的に被弾してはいけない。

ちなみに根性の発動条件は体力64以上なので、これに頼ることも出来ない。

一応体力が60近くあれば、同ランクのモンスターであっても、威力の低い攻撃なら1発くらいは耐えられる。
大技を喰らった場合は…お察しください。

このため、当スキルは上級者向けスキルであるが、
攻撃力が1.3倍と言うのは非常に大きく、モンスターによっては簡単に怯みを奪える。

怯み動作中に次の怯み値までダメージを与えられることもあり、動き出す前に次の怯み…
と怯みループを出来る場合もある。

こうなると、火事場発動の方がかえって楽。と言う状況も珍しくない。


スポンサーリンク

パーティプレイでは?

基本お勧めされないことが多い。

熟練者の場合、ソロならほぼノーダメージで立ち回れたとしても、
パーティでは他人狙いの弾でも、運悪く巻き添えを貰うこともある。

そうすればあっさり1乙するし、他の人のダウン回数の猶予を減らしてしまうため、よっぽど自信が無い限りオススメとは言えない。

また、実施する場合は事前に打ち合わせは必須。
そうしないと、ピンチに皆が率先して粉塵を撒いてくれるので、火事場状態が維持しづらくなるからだ。

それでも、他の味方のピンチになった場合は、粉塵を撒かれてしまうことは覚悟しないといけない。

食事「ネコの火事場力」との違いは?

食事スキルにも「ネコの火事場力」と言う似た効果のスキルが存在する。

双方の違いを表で纏めた。

火事場力+2 ネコの火事場力
発動体力 40%以下 10以下
攻撃力 1.3倍 1.35倍
防御力 +45 1.5倍
スキル圧迫 15ptと重い 食事のみ

ネコの火事場力は食事で発動できるので、スキルの圧迫がなく、更に火力を盛れる。
しかも攻撃力上昇も1.35倍と、当スキルを上回る。

そのため、ガチのタイムアタックでは「ネコの火事場力」の方が採用されやすい。

最大の欠点は、体力10以下にしないと発動しない点。
10%ではなく10以下である。

そのため、軸合わせの脚に掠ったり、虫に刺されるだけでTHE ENDと言う将に絶体絶命の状態である。

なお、これら2つのスキルは、防御力のみ重複し、攻撃力の方が効果の高い方のみが発動する。

MHP2のシリーズのみ、攻撃力も重複したW火事場というものが存在。攻撃力はなんと1.95倍ととんでもない強化である。

流石に強すぎたのか、以後のシリーズでは重複しなくなっている。

いずれのスキルも、タイムアタックのランキング掲示板では、

  • 火事場を発動しない場合
  • 火事場発動する場合

の2つで、ランキングを分けていることが多い。

攻撃力1.3倍、1.35倍の効果は非常に大きく、発動するか否かでクリアタイムが別次元で異なるからである。

オススメされる武器種、対モンスター、状況などのまとめ

武器種や対モンスターは特に選ばない。
ただ属性偏重武器ではあまり効果がない。

基本はソロ向け
そして、一切被弾しないだけの腕前が必要になる。


スポンサーリンク
→次の記事
スキル「逆境(不屈)」の効果、装飾品名、お守り(護石)のポイントについて紹介していきます。 力尽きる度に、攻撃力&防御力が上昇する。 火事場とはまた違った緊張感を味わうこと
λ... 戻るボタン

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする