モンハンフェスタ/狩王決定戦2019-2020・西日本準優勝。どう取り組んだか?

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

チーム「sil*sol」の鹿目ほむほむ(デカイ方)です。
随分長いことブログ放置してました。MHWになってから初更新な気がします。

冒頭の通り、狩王決定戦2019-2020西日本大会で準優勝しました!

折角なので振り返ってみました。

今後の大会やTAの影響もあるので動画や細かい戦略などは省かせていただきますが、
大会期間中、どのように取り組んだのか?
その辺をざっくりコメントできたらなぁーと思います。

今物議を醸している「大会当日だけ仕様が違っていた?」その点にも軽く触れています。


スポンサーリンク

What?相方

今回相方となったのは「ハラーコ」氏。
出会ったキッカケは…とあるお店のオフ会ですね。

  • とても温厚な方
  • 話し方が丁寧
  • 笑い方が幸せそう
  • 運が良さそう(謎)

MHWのアプデが全て終わったあたりから、2人だけの時は

「闘技大会(チャレクエ)で世界ランク狙ってみませんか?」

って話増えたことから取り組みはじめ、いくつか世界上位を取ることができました。

そしてお互い、2018のMHW狩王決定戦では地区大会入賞はしたものの敗退。

「アイスボーンでリベンジしませんか?」

ってことから意気投合、9月頃チーム結成しました。

僕が特定の武器を集中的に使うタイプ(それでもあまり上手くない)に対し(下図)

ハラーコ氏はどの武器も使える、安心と信頼のオールラウンダーであることも心強いです。

ギルカの武器使用グラフを見ると、均等かつキレイに伸びている、理想の長方形型(笑)


回数は伏せています。

あとハラーコさん、昔習字やってたみたいで字がキレイでした。
うさみすさんにもリプレイ時に褒めてもらってましたね。

予選:バフバロ

大会結果 2:07:61(5位通過)
自己ベスト 1:51:65

まずはここを突破しないことには始まらない。

  • 今回は東西2地方だけの開催であり、強豪が集中する
  • MHW決勝進出者はシード適用により当選が保障される
  • その割に予選突破は例年と変わらず8チーム
  • バフバロは常時受注できるため、事前から詰めている人も結構いた

その他諸々の理由で、ボーダーは非常に厳しくなると予想し、2:00切りくらいで安定させたいと思っていました。

ハラーコ氏は火力を、僕は拘束を担当。

それぞれ難しい点が異なり、
火力側はダウン時のユラユラと動く頭に対し、正確に弱点を捉える精度が要求される。
拘束側は当然ながら討伐まで完全拘束(火力役が攻撃しやすいように毎回同じ位置で)するのが仕事。僅かでも操作ミスするとバフバロが暴走する。

ひとたび走られてしまうと、何往復もするため15秒以上の大幅なタイムロスへ。つまり敗退を意味します。

しかしバフバロの拘束は本当に難しい。

特に解析不能のフェイント咆哮が曲者。
またクラッチ部位、肉質配分が絶妙で、ほんの少しずれるだけで爆死のリスクがあるほどでした。
いまのどー見ても頭やん!?って思ったのに脚や胴判定だったり…

このようなミスしやすい箇所をハザードポイント(練習時は何故かハラーコポイント言うてました 笑)としていくつも設定し、

  • できるだけ失敗しないための改善案
  • 失敗したときのリカバリーをどうするか?
  • とにかく集中する

これを常に意識しながら練習しました。

このため途中で拘束失敗しても、基本的にリタイアはしないスタイル。
とにかく倒し切ることで、リカバリープランを立てていくという練習方法でしたね。

本番は…

最後の拘束まではお互いほぼ完璧でした。
が、最後の拘束が何故か取れない、それでも追加でリカバリーすれば100%拘束できる筈だったのですが、一向に拘束できない。

そして暴走された。

しかしバフバロの暴走に対しても、日頃から諦めずに討伐まで通していた事と、
幸運にもバフバロの暴走は1往復で終了したことで冷静に対処ができ、2:07:61でフィニッシュ

なんとか大爆死は免れました。
実はハラーコさんに頼りきりでした(汗

しかし予想ボーダーからは大きく離れてしまい、激戦が予想される本大会では、もう終わったかと思っていました。

他の強豪勢も荒れてた模様

予選エリアで速報をちらほら聞いていると、多くのチームが荒れ模様だったみたい。
なんか入力遅延がキツかったという話も。僕は分からんかったけど。

ここからは2018年広島大会の時と同じくお祈りタイムが始まる。食欲はでない。

「勝ちたいチームは今日のために頑張ってきた。皆ベストを尽くしてほしい。だけど2:07:61は上回らないでくれ!m(_ _)m」

頑張ってポケモンGOしながら時間を過ごす。
(ポッチャマのコミュニティデーでしたw)

予選結果

sil*sol 5位

生き残りました!

大分荒れ模様だったみたいです。

やっぱり難易度は高かったのか!?
バフバロは暴走されると本気で強いですからね。

さて、予選を通過!
遠方から来てくれた友人、サークル仲間、近くに座ってたハンターさんに激励されつつ、選手控え口へ。

決勝は派手にかまします!


スポンサーリンク

決勝:ネロミェール

大会結果 2:55:95(準優勝)

使用可能武器を見ると、
パッと見でスラアクが頭一つ抜けて火力が高い。

もうこれ、スラアク×2で良いんじゃね?

だがしかし…

スラアク×2は当初、どう見てもガチゲーに見えた。
避けにくい攻撃を矢継ぎ早に繰り出すネロミェールに、最初は成す術がありませんでした。

連続で被弾すれば雷やられもあってかすぐピヨる。そして死ぬ。

**「乗り入れてみませんか?」
**「え?4畜も必要なん?クソやろ?!(笑)」

この段階では「クソモンスが!」など、かなり毒吐いてました。

結局、拘束手段のある笛やライト、ガード安定のガンス、完全に怯みループで嵌めを狙う大剣など、全部試しました。

この時ハラーコ氏に色々お願いしてしまって、ホントご負担掛けたと思ってました。

ハラーコ氏
「僕色々な武器使うの楽しみなので、もし他の構成(スラアク×2以外)になった時は僕にもう一方を使わせてほしい」

ポジティブすぎて涙出たw オールラウンダー強すぎる!

固まった候補は笛×スラアクでした。スタンと攻撃大があるので安定しやすい。
決勝でも1チームこの組み合わせでしたね。

だけど火力はスラアク×2の算出した予想タイムには及ばず、結局却下。
1週回ってスラアク×2構成になりました。

どう拘束する?

色々な武器を試しているうちに、ネロミェールの怯みやダウン、水纏いなど色々な仕様が分かってきた。

上手く拘束を繋げられないか?
拘束手段の少ないスラアクなので一番苦労したところです。

おそらく安定するのは裏入場からの壁ドン×2ですが、僕たちは敢えて正面入場を選びました。

傍から見てると入場が異なるだけに見えますが、僕らにとっては一番ノウハウを集約させたところです。
色々説明したいですが、今は触れないでおきます。

開幕が非常に難易度が高かったのですが、ここを上手く決められれば一気に優位に立てる。
そのため練習終了後も単独で夜更かしして色々分析してました。

大会1周間前くらいにやっとコツを掴めた!

本番

上手く行きました!

乗りダウン後に少しミスしましたが、解説でもあった通り、憎いはじけクルミ作戦でリカバリー。

無事にダウンを奪え、ここまでくればあと一息。
得意(?)の脳筋プレイが上手く決まりフィニッシュ。

3分切りができれば、突破の可能性が見えてくると予想していたので、無事にやり終えました。
なお、自己ベストはネロの行動運が絡むのですが、それを引ける確率はあまり高くなく、2分20~30くらいがでれば上出来でした。

行動運が良かったときはボーナスタイムとか言ってた(笑)
実際は行動運が悪い時こそ、集中してタイムを出すべき!と捉えていました。

少しミスはありましたが、準優勝を勝ち取ることができてよかった!

表彰式【否!栄冠は我に在り】めっちゃ良いですね!

東日本大会の表彰式を練習期間中に見てたりしました。

実はいつも良くしてくれる友人が先に決勝進出を決めました。
自分もあの場所を勝ち取りに行く!そして決勝大会で戦いたい。

調子が振るわない時も、こうやってモチベーションを高めてました( ˙-˙ )笑

感謝

  • 知識を共有してくれたり、練習に付き合ってくれた方々、
  • 応援してくれたフォロワーやサークルの方々、
  • そしていつもハイテンションで練習に付き合ってくれたハラーコ氏

また、モンハンフェスタを開催されたカプコンやイベントを世に広めてくれるプレス関係者の方々。

全ての方へ感謝しています!
結果で恩返しができた気がしますm(_ _)m


スポンサーリンク

ネットの意見に対して雑に答える

ネットで話題になっているネタや、直接質問されたことに対して、雑に答えるコーナー。

スラアク大会ですよね?

スラアクそのものがアイスボーンで強化されたってのもありますが、このクエストに限っては武器やスキルが優遇されてましたね。
まるで去年出場した広島大会のようだ。この時もガンス大会と言われた。

それぞれの基礎攻撃力と斬れ味みると

表示攻撃力 ゲージ 基礎攻撃力
斬れ味補正込み
大剣 1008 252 龍820
龍封力中
1134 短青 324 斬れ味酷すぎ
鈍器やのに…
ガンス 603 314 龍570
龍封力大
スラアク 1026 短紫 407
(白:386)
フルチャージ時
紫:435
白:413
ライト 312 240 通常
貫通強化Lv1
滅龍弾もある

スラアクの攻撃力が頭一つ抜けて高いです。

しかもフルチャージ付きなので、紫ゲージかつ体力満タンだと435、白ゲージでも413もの火力になります。

会心率-30%だけど、弱点特効Lv2もあり、傷部位を攻撃すればちょうど0%になるのでダメージ管理がしやすくなる。

大剣やガンスは龍封力がウリだが、実際試してみて水纏い解除のタイミングはあまり変わらんかった。
ライトはスタンが2回程取れるけど、火力スキルが弱すぎて弱い…

ライトにするくらいなら笛の方が良さそうってことで、上記の通り笛×スラアクの構成は最後まで候補でしたが、
やはりスラアク×2の火力には届かなかったです。

スラアクだけ最終強化武器でしたが、他の武器種も最終強化が用意されていたら、構成は割れたかもしれないですね。
どれもレア10だったのでレア度で揃えたのかなぁ。

スラアク自体が強いのかもしれないけど、用意された装備が明らかに強かったです。

スラアク強そう!使ってみたい

実は僕もMHWで本格的にスラアク使い始めたのはこのお題からです(冒頭のギルカの通りw)

アイスボーンでは、

  • ぶん回し3Hit目から強くなる
  • 強化叩き付けの実装
  • 剣→斧変形斬り下がりの高速化
  • ゼロ距離周りの強化

などなど色々強化されてて、大分使いやすくなったように思えます。

相変わらず防御面は弱い(移動は遅いしガードもできない)ので、ネロのような広範囲攻撃は相当上手く立ち回らないと被弾します。
大会でガチバトルを選択したチームもありましたが、皆上手かった(特に水や咆哮のフレーム回避)。僕には真似できないw

逆に拘束した時にザクザク斬れる感触は良いですね。

僕もこれを機にスラアクにハマろうと思います(笑)

闘技大会が、使える武器を増やしてくれるのかもしれません。

乗り中のハジケ怯みは狙ったんですか?

乗り時のネロの動きは何パターンかあるんですが、はじけ側に来たら当てておこうくらいの考えでした。

来てくれましたね。

とは言え相方の乗りフィニッシュまでの遊び時間が少し長くなる分、気持ちに余裕ができるのと、

はじけクルミ1発分を温存できる程度で、タイムが早くなるわけではないんですけどね。

決勝では何故か木によじ登ってしまい、遊びを帳消しにしてました(笑)

闘技大会難しいです

フリーや調査、イベクエに比べて闘技大会は難易度の高いコンテンツだと思います。

  • 自分の好きな武器、スキル、装衣が使えない
  • 基本的に武器は弱めで、怯みも取りにくい分、高いプレイヤースキルが要求される
  • クリアしても素材は貰えない
  • コインや消費アイテムが貰えるだけ

なかなかハイリスク、ローリターンなもんで、プレイ人口は増えづらそうですよね。

ソロは本当にキツいですが、ペアは慣れ次第では楽しいかも?
常にSランクぐらいが出るようになったあたりから、ハマってくるんですよね。

どうやったらタイムが縮まるか?

これを試行錯誤するのが好きな人なら、闘技にハマるかもしれません。

今作は報酬に(いにしえ)秘薬や高級お食事券も出るので、
量産した食事券はパーティプレイでの接待に使おう(笑)

また装備やアイテムは用意しなくていいので、ある程度慣れてくるとサクっと周回できる。つまり植生が捗ります。
(今作は集会所エリアで管理できるようになったのが神仕様)
ハチミツやマンドラゴラは9999個持ってますww

マスターランクも本作では上がるようになりました。

150時間もどうやって捻出するんですか?

お互い仕事しているので平日は21時~日が変わるくらいまでペア練(約3時間)

解散後は即寝落ちか、練習から得られたネタをまとめてから寝落ち。

休日は正午から17~18時まで前半戦、21時~日が変わるまで後半戦ですね。(約8~9時間)
(僕は土曜日も少し仕事あったんで日曜日がコレ、相方はその時もソロ練してくれてた。)

12/5~1/18まで45日なので、大体150時間になります。
練習しなかった日は…終日予定のあった元旦くらいですかね?

それくらいはやってました(笑)

大きいですね!

MHW広島大会の時も言われました(笑)

映像として映ると実物よりデカく見えますね!(言い訳)

だけど筋肉はしっかりついてますよ?
広島大会の時は脂肪の塊で肉質120くらいの全部位弱点でしたが、今は90くらいでしょうか?(適当w)
頑張って20台のクソ肉質を目指します╭( ・ㅂ・)و̑

ご兄弟さんですか?!(byうさみすさん)

表彰式で意表ついた質問が来てビックリでした。

「2人の関係、狩友じゃなくて実は兄弟なんですよぉー(笑)」
とか面白く返したら良かったと後から思ったんですが、真面目に答えてしまいました。

あとでアーカイブ見ましたが…確かに似てた(爆w)

もうチーム名「シルソル兄弟」で良いんじゃね??(笑)

ちなみに、うさみすさんが元々AKBだったのは最近知りましたww
あと令和になった辺りでお子様を授かったんですね。おめでとうございます!


スポンサーリンク

大会本番だけ、ネロミェールの要求乗り値が異なっていた物議について

断定なのか濃厚なのか疑惑なのか不明ですが、もし事実だったならば…
という仮定で話しますね。

大会後、アーカイブを見ると2Hitで乗りモードへ移行していたことが発覚。

もしかしたら水纏い解除時は乗り値が変化する?
とも思われましたが、そんなことは無かった(多くの方が同じ検証結果をだしていた)

結論を言うと、本来要求Hit数は4なのに、本番だけ2へ仕様変更されていたという仕様が濃厚のようです。

僕らは開幕の壁ドン中に3Hit蓄積させ、その後4Hit目で乗る作戦だったので、幸いにも影響は受けませんでしたが。
(壁ダウン中は蓄積のみで乗り移行はしない)

僕の率直な気持ちを言えば…

お題配信から本番まで、仕様は一切変えてほしくないですね。

今回のような乗りの要求Hit数が変わるだけで、組み立ててきた作戦が大きく変わってしまう。
場合によっては総崩れすることもあります。

まして大会当日だけ、しかもサイレントで修正するのは、本当にやめていただきたいのが本音です。

もう終わってしまったことではあるけど、
決勝大会でも同じように仕様が変わってしまわないか、これが不安であります。
同じ3月に大型アップデートがあるため尚更ですね。

万が一、重大な不具合等が発覚して、仕様変更を余儀なくされた場合は早めに告知してほしいものです。

1発勝負の大舞台。
勝ちを狙っているチームは皆本気なので、本当に宜しくお願いいたしますm(_ _)m

【1/31】公式から対応あり。納得はしてないけど仕方ない。

上記の不具合疑惑は、公式発表のあった通り「断定」となりました。

詳細は公式サイト
http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/championship19-20/

原文

西日本大会のネロミェールが当日だけ仕様が異なっていた。
特に乗りが2Hitで成立することで、今回5~8位のチームにも勝てた可能性があった。だから5~8位のチームにも決勝大会の出場権を与えます。
そして西日本だけだと不公平なので東日本の5~8位のチームにも同様に出場権を与えます。

という内容ですね。

これに対する僕の率直な感想は「納得はできない」ですね。

じゃあなんのために決勝クエストやったんですか?
って誰もが思うでしょう。

ずっと練習してきたけど、それは無かったことにされて予選通過全チーム決勝行けますよ?
なんて言われたら当然納得できません。

運営に直接メールで
「精神的な負担はあってでも、全体もしくは5~8位のチームで再計測はできないか?」
等、提案は送りましたが、公式で発表されてしまった以上、このまま押し通しになってしまいそうです。

ちなみにMHXX頂上大会の東京でも悶着があり、追加で1チーム決勝進出が増えた前例がありましたが、
この時は他の地区は枠が増えたりはしていません。
よって今回東日本大会まで8チーム出場できることには疑問を感じます。

1~4位で通過されたチームが、難易度を上げられたことによる不利益を受けることになりました。
公平性を保ちつつ、何かしらアドバンテージは無いものですかね?
また5~8位のチームも、複雑な心境になることが予想できるし、全体としてモヤモヤな大会になりそうです。

公式からは後日返信いただけるということなので、納得のいく対応を期待したいです。

お金払っているわけでもない。言うなればカプコンが主催した大会に参加させてもらっている立場ですが、
レギュレーションも確立されている以上、杜撰な対応にはなってほしくないです。

出場する以上は全力で取り組んで、スッキリしたいですからね。

【2月7日】改めて公式から発表あり。最終決定?

改めて決勝大会の実施方法変更の発表がありました。

1/31に発表した17チームへの拡大は撤回することにしました。

東西の5~8位チームには追加予選「MHWイベント:澱みなき星明り」に出場することができ、上位1チームが決勝大会に出場できます。

また、追加予選ではなく、当日予選「ナルガクルガ」を選択することもできます。この場合は当選を保証するシードを採用(パートナーを変更してもOKで、それぞれに適用)します。

よって、決勝大会は東西の上位各4チーム、追加予選の上位1チーム、当日予選の上位1チームの合計10チームで行います。

というものですね。

アイリスさんがとても分かりやすくまとめてくれてました。
ウチらは②の作戦でしたね。

一旦決めたものを撤回したことに、思い切った判断をしたなぁ、と思いました。

  • 1~4位チームの優位性は大方守られた。
  • 5~8位チームも当日予選よりも勝てる可能性が高い追加予選を行う。
  • 西日本大会の方が、5~8位チームの勝てた可能性を考慮して、お題は「MHWイベント:澱みなき星明り」」に決定。東日本よりも一定のアドバンテージがある。(練習or大会どちらの仕様なんだろう?)
  • 既に当日予選に向けて練習している方を考慮し、そちらも選べる。シードも適用。

異例の対応だったし、1/31の発表が「急ぎ過ぎたんじゃないか?」とは思いましたね。

自分の立場もありますし、反論もあるかもしれないけど、一定の落としどころに収まったのではないかなぁと感じています。

当初の通り、練習スケジュールを組んで取り組めそうです。

大会当日の仕様違いが、

  • ヒューマンエラーによって起こってしまったのか?
  • 意図して設定を変えたのか?

この辺はハッキリしたいかも?

パラメータを僅かに変更するだけでこれだけ大事になってしまうので、運営の方々にはしっかり受けとめて頂き、今後起こらないように対応していただきたいと言うのが本望ですね。

決勝大会に向けて

ちょっと心苦しい話ちょっとどころか、大変心苦しい話になってしまいましたが、気持ちを改めて。

意気込み

決勝大会進出は人生で初めてです。
もうここまで来たら狙うのはもちろん頂点ですよね。

今回の騒動によって、色々振り回された感はありますが、
僕らのやることは変わらない。
いつも通りベストを尽くすのみです。

傷ガルルガ、オウガ亜種、悉ネル、どれも強敵ですが、ネロを乗り越えられたならきっと大丈夫!

相方もモチベーションが非常に高いし、このまま突き進みます!
また3/21決戦では派手に行こうと思います。

決勝も応援してくれるって方がたくさんいて、とても励みになります!
結果で恩返しできるように頑張りますね。

ムフェト・ジーヴァ

配信期間が大会期間と丸被りだったので殆ど狩れてませんw

お題モンスの生態は調べたりするけど、配信までは空き時間も作れるので是非連れてってください。

大会の練習は本気モードですが、普段の狩りはエンジョイ勢なので楽しく狩りましょう!

1撃のやり方も興味あります。BGMは神。

痩せる!

取材時に、限定スタジャンのサイズ合わせしたんですが、まさかのXLがダメという事態に。
痩せますです、はい(今のモチベならできる気がする!)


スポンサーリンク

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする

コメント

  1. ハラーコ(原子義直) より:

    ほむほむさん、凄く上手にまとめて頂いて、本当にありがとうございますm(_ _)m
    色々思い出しながら、楽しく読ませて頂きました
    まだまだ迷惑かけますが、決勝大会も頑張りましょう
    これからも宜しくです

    • homuhomu より:

      モンハンとか好きなことはまとめやすいんですよね。
      仕事もこれくらい出来たらと…(笑)

      色々騒動になってしまいましたが、ウチらのやることは変わらないので、
      いつもどおり頑張りましょう( ˙-˙ )

トップへ戻る