オトモスキルの使い方、オススメスキルも紹介するよ。

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

ハンターがスキルを搭載できるのと同じように、オトモもスキルを装備することができる。
スキルの装備方法はちょっと特殊です。簡単ですけどね。
また、個人的にオススメだと思うスキルも記載しています。


スポンサーリンク

スキルの装備方法

基本的にはサポート行動と同じように装備していくことになるんですが、オトモスキルの場合は…

オトモスキルの使い方、オススメスキルも紹介するよ。

前のところでもお見せした習得スキル一覧なのですが、
オトモスキルの欄には記憶力というものと、スキルごとに決まっている必要記憶力というものがあります。

強力なスキルほど、必要記憶力が多くなると言うこと。

オトモが初期レベルのうちは、記憶力は3しかありませんが、レベルが上がるにつれて増えていき、最終的には6になる。

考え方はいたって簡単で、記憶力の分だけ好きなようにスキルを割り振りできるということ。

上のオリガミさんは記憶力が4なので、「匠の術」が丁度発動できる。しかしそれしか発動できない。

混乱無効の術&毒耐性の術&睡眠無効の術の3つだと、これらを合計すれば4になるので、装備できる。
と言った具合ですね。

サポート行動と違い、こちらはスキルを装備するだけで自動で発動する。
よって、スキルの効果は

  • パラメータを上昇させる
  • 何かの耐性を付ける
  • サポート行動の性能を上げる(消費ゲージの減少、モーションの高速化など)

と言ったものが多い。

オススメと思うオトモスキル

あくまで管理人がお勧めかなぁと思ったやつです。

攻撃強化の術【小】【大】
純粋に攻撃力を上げるスキル。
アタッカー向けニャンターには意識するスキルになる。

ただ上昇量は【小】で+5、【大】で+10とそこまで大きくはない。必要記憶力も【小】で2、【大】で3必要。

中盤以降では後述の会心強化の方が期待値は高くなる。

会心強化の術

文字通り会心率を増加させるスキル。

【小】で+10%、【大】で+20%となる。必要記憶力は【小】で1、【大】で2。
同じ消費記憶力2で計算する場合、攻撃力100→会心強化【大】で期待値105となり、ほぼイコールになる。
中盤以降はコチラの方がコスパは良い。

背水の陣の術

復活出来なくなる代わりに、攻撃力と防御力を+40も上げるスキル。
火力UP系では破格の数値だが、ニャンターの場合モウイチドングリが無くなるため体力0になると即力尽きる。

オトモの場合はそのクエスト中は二度と復活出来なくなる。
ハイリスクハイリターンなスキル。タイムアタックでは最優先されるスキル。

現在では、配信限定の地上最強の術の方が採用されている。
次で紹介します。
こちらも、カリスマ専用のスキルなので、他のサポート傾向で使うなら伝授必須になる。

地上最強の術

防具【頭&胴パーツ】を外すことにより、攻撃力を1.5倍、防御力を2.0倍に強化する、強力な戦闘系スキル。

配信:範馬ネコ次郎のみが覚えているスキル。
厳選したオトモに装備させるには伝授が必須になる。

この倍率は素のステータスのみの強化となる。
防御力は元々装備無しなので純粋に2倍になるが、
攻撃力は素手の状態で1.5倍してから武器の攻撃力をプラスする。

護符&爪や食事効果などの上昇も補正は掛からない。
(順番が逆だったら、流石にバランス破壊の強さだっただろう。)

これより、オトモのレベルを高くし、素のステータスを上げることで本領を発揮する。
参考までにファイトをレベル50にすると、

  • 攻撃力は120 × 1.5=180 +武器の攻撃力
  • 防御力は145 × 2=290

仮に↑に白疾風Sネコ手裏剣を装備させた場合(護符・爪もコミコミで)…

  • 地上最強無しでは、近接279、遠隔311
  • 地上最強無有りでは、近接339、遠隔371

と、おおよそ1.2倍上昇する。
防御力の方は護符・爪込みで320なので、ほぼガンナー程度の防御力しかない。
そのため被弾せずに立ち回る腕前が要求される。

ブーメラン上手の術

ブーメランの投げる速度と溜め時間が短縮されるスキル。
ブーメラン特化型の場合は「貫通ブーメランの技」&「巨大ブーメランの技」と並ぶ三大必須級スキルである。
オトモの場合、溜める頻度が上がる。

遠隔攻撃強化の術

遠隔攻撃力を1.1倍に強化するスキル。
ブーメラン型ニャンターには候補として挙がる。

限定配信である、モジャブのみが覚えているスキル。
配信終了しているので、現状誰かに譲ってもらうしか方法はない。

背水の陣の術地上最強の術と比べると、最終的な強化度合いは劣る。

特に地上最強には完敗しているため空気スキル?と思いがちだが、こちらはリスクなしに強化できるのが利点である。

モウイチドングリはしっかり持てるし、装備を外す必要もない。
こちらは武器や護符&爪による補正を加えた後に1.1倍強化になるため、レベルやサポート傾向に左右されず使いやすいのが利点である。

匠の術

斬れ味レベルを一段階上げるスキル。
ハンターのようにゲージが伸びるのではなく、斬れ味の色が1ランクアップする。

実質的に1.1倍くらいの火力増強になる。
なおMHXでは白ゲージが最大なので、白ゲージ武器に発動させても紫ゲージにはならない(意味がない)
また、必要記憶力が4と大きいのがネック。

ガード性能の術【小】【大】

主にオトモとして連れて行く場合に役に立つスキル。

ニャンターの場合はガード時の仰け反りを抑える効果だが、オトモの場合は、ガード確率を上げる。
つまり倒れにくくなる。【小】より【大】の方が高確率。これらの重複発動はできない。

復活上手の術
主にオトモとして連れて行く場合に役に立つ。
撤退から復活までの時間が短縮されるので、アタッカーとして、デコイ役として長い時間付き合ってくれる。

ニャンターの場合はモウイチドングリの数がもう一個増える。

採取専門の術

採取可能な回数が増える。ハンターで言う「採取+」のような効果。
主に採取ツアーに行く際に発動させたい。

オトモの場合、採取行動に集中し(頻度が上がる)敵へ一切攻撃しなくなる。
闘技場の同時狩猟でけむり玉戦法を取る場合も、オトモが誤爆させる心配がなくなる。

ぶんどり強化の術

ぶんどりの技、遠隔ぶんどりの技の消費ゲージが1本少なくなり、技自体のモーションが高速になる。
同じモンスターからでもぶんどりは複数回できるので、素材集めに便利。

オトモの場合はぶんどり攻撃を行う確率が上がる。

スポンサーリンク
→次の記事
オトモスキル一覧、効果、解放方法【MHX】
通常雇用でオトモが習得しているスキルを一覧形式で紹介しています。 解放に必要な条件(主にレベル)も記載。 配信限定スキルに関しては別途記載します。 目次
λ... 戻るボタン

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする