【MHX】チャージアックスのスタイル別操作方法、コンボ、モーション値|使い方が4Gと大分違う?

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

MHXにおける、チャージアックスの操作方法、コンボ図、モーション値について紹介していきます。
ギルド、ストライカー、エリアル、ブシドースタイル操作方法を個別に書いてます。
参考)MH4G:チャージアックスの使い方はコチラ

  • MHX版の基本と言える?ギルド
  • 突進斬りのGPにより納刀から即ガードが出来るストライカー
  • 乗りでチャンスを作り、そのままスタンが奪いやすいエリアル
  • ジャストガード、ジャスト回避両方使えるブシドー

MH4Gとは操作方法が大きく変わった。
正直MH4Gとは別武器くらいの意識で使う方が良いだろう。


スポンサーリンク

ギルドスタイル

MH4Gとの違い

MH4で初登場。
同時に登場した操虫棍が破格の性能だったのに対し、チャージアックスの方は地味な印象もあった。

そこでMH4Gでは大幅に改善され、操作は難しいものの、使いこなせば防御と攻撃を兼ね揃えた強武器へと昇華した。

そしてMHXが3作目。
本作では操作方法が大きく変わっており、別武器くらいの感覚で扱うことになる。

MHXチャージアックスの主な変更点は次の通り。

属性強化

MHXでは、盾突きから派生する「簡易属性強化(=黄色強化)」と
高出力属性解放斬りをキャンセルして派生する「属性強化(=赤色強化)

の2種類がある。
後者の方が性能は高い。
赤色強化は基本的に斧モードを挟むことになる。(ブシドーのみ例外あり)

盾突きからの高出力が不可能に。

MH4Gでは盾突きから(超)高出力属性解放斬りが出せたが、
あまりに強かったのかMHXでは使えなくなっている。

同じ入力を行うと簡易属性強化に派生するように。

ガード性能

両方とも剣モード時のガード性能が向上するが、
赤色強化はそれに加え、ガード時斬れ味消費無し斧でのモーション値1.15倍の強化がある。

どちらの強化も、超高出力属性解放斬りが撃てるが…今作は撃つ機会はそうそうないだろう。

ガードポイント(=GP)

MH4シリーズはGP成功により、一旦ガードしてそこから追加入力による派生だった。

MHXでは、敵の攻撃をガードしつつ、直前に出したモーションをそのまま継続する。
と言う仕様になった。

感覚的にはガード+スーパーアーマーのような感じである。

MH4Gでは、抜刀棒立ち状態から変形斬りでGPを発生させるには、
【R+X】よりも【X+R】=Xを僅かに先に押す必要があった。
(【R+X】ではGPが発生しない。)

MHXでは【R+X】でもGPが発生するようになり、使いやすくなった。

ガード性能

MH4ではGP成功時は通常ガードよりも性能が高かった(より威力値の高い攻撃も仰け反りにくい)が、
MHXではGP成功時も通常ガードと同じ性能になった。

一方で属性強化時は、従来通りガード性能は向上し、
赤色強化時はガード時に斬れ味を消耗しなくなると言う仕様になった。

超高出力属性解放斬り

MH4Gでは高性能だったが、
MHXではバグか、調整ミスか?と言いたくなるほど弱体化した。

ビン、属性強化は全て空っぽになるにも関わらず威力はショボイので、
MHXではこれを使う価値はない。と言われるほどに…

MH4G同様、武器を構えた時に【パッド後】を入力すれば通常の高出力が出せるのでそちらを使うべきだろう。
暴発した時は自分か運営を恨みたくなる。

チャージアックス・ギルドの使い方?

基本的な立ち回り方は従来と変わらないため、
剣モードでビンを蓄積し、隙を探ってまずは属性強化すべき。

あとは適宜ビンを溜めつつ、モンスターの見せる隙に(高出力)属性解放斬りを当てて行く流れになる。

ガード時に斬れ味消費しない&斧の火力UPの恩恵を受けるためにも、赤色強化を行いたいが、
従来の盾突きからの派生だと簡易強化になってしまうので注意。
必ず斧へ変形し、属性圧縮から属性強化をする必要がある。

高出力属性解放斬りも、盾突きから派生できなくなったので、やはり斧変形斬りを挟む必要がある。
その分ややモーションが長くなるため、撃てるタイミングを正確に読むことが大事になる。

狩技は2個装備できるので、
攻撃的に行くなら「オーバーリミットⅢ」でビン10本にして、最大火力の「エネルギーブレイド」を放つ組み合わせ。

生存率を上げるなら、「絶対回避」or「絶対回避【臨戦】」あたりも良いだろう。

チャージアックス・ギルドの操作方法

guild6

【MHX】チャージアックス剣:ギルドの操作方法

【MHX】チャージアックス斧:ギルドの操作方法

※1 回転斬り
回転しきった辺りで、ガード判定が発生。
通常の【R】ガードとは異なり、こちらはガードポイントが発生。
斧モードから「剣へ変形斬り」と同じ動作だが、こちらは牽制斬りに派生できる。

※2 斬り返し
属性強化状態でチャージから派生させると、ビンの爆発効果が付与される。

※3 盾突き
2Hit
属性強化状態で攻撃を当てると、2Hit目にビンの爆発効果が付与される。

※4 チャージ
剣モードの【溜め】以外の動作から派生可。
ビンが黄色or赤色時はチャージ成功、この場合のみ【A】でそのまま属性解放斬りⅠへ派生できる。
無色時はチャージ失敗、成功時よりも長めの隙を晒してしまう。

※5 ガード
モンスターの攻撃をガードした際、後退【無し】or【中】の場合、後退終了間際に【R+X】で斧変形斬り、
【R+A】でチャージ、【B】で回避行動に派生できる。
なお、他のガード可能武器のような、納刀状態から即ガードすることは出来ない(斧変形斬りになる)

※6 斧へ変形斬り
MH4Gと異なり、初動で出してもガードポイント(=GP)が発生する。
GP後はガードからの派生ではなく、変形斬りを継続して行う。
仰け反り【大】だと中断してしまう。

※7 属性解放斬りⅠ
初動で繰り出す場合、【パッド前+A】で少し前進して斬る。

※8 変形斬り
剣・回転斬りと同じ動作。
こちらは【X】で牽制斬りに派生可。
回転後にGP発生。

※9 超高出力属性解放斬り
ビン0本時を除き、放つとビンを全て消費、属性強化状態が解除される。

ストライカースタイル

ギルドとの違い

盾突きが使えなくなっており、
その派生である「属性強化回転斬り」も使えない

突進斬りの突進動作中にガードポイント(=GP)が発生する。
抜刀斬りも同様に発生するため、納刀状態から即座にガードできる。

また、赤色属性強化時は、斧モードのモーション値が1.2倍になる。
(他スタイルは1.15倍)

チャージアックス・ストライカーの使い方?

突進斬り中にGPが発生するため、敵に突進等に自ら突っ込んでいくことが出来る。

赤色属性強化時だと、GPと同時にビンの爆発でカウンターできる。
ブレス等をGPで受けて、そのまま頭にスタン値をぶち込むことも可能。

狩技が3個装備できるので、
ギルドの場合の「オーバーリミット」+「エネルギーブレイド」に加え、「絶対回避」等も装備すれば守りも安定する。

チャージアックス・ストライカーの操作方法

guild6

【MHX】チャージアックス剣:ストライカーの操作方法

【MHX】チャージアックス斧:ストライカーの操作方法

※1 突進斬り
ストライカーでは、突進中にGPが発生する。
抜刀攻撃でも発生するので、納刀状態から即座にガードが一応可能。

※2 回転斬り
回転しきった辺りで、ガード判定が発生。
通常の【R】ガードとは異なり、こちらはガードポイントが発生。
斧モードから「剣へ変形斬り」と同じ動作だが、こちらは牽制斬りに派生できる。

※3 斬り返し
属性強化状態でチャージから派生させると、ビンの爆発効果が付与される。

※4 チャージ
剣モードの【溜め】以外の動作から派生可。
ビンが黄色or赤色時はチャージ成功、この場合のみ【A】でそのまま属性解放斬りⅠへ派生できる。
無色時はチャージ失敗、成功時よりも長めの隙を晒してしまう。

※5 ガード
モンスターの攻撃をガードした際、後退【無し】or【中】の場合、後退終了間際に【R+X】で斧変形斬り、
【R+A】でチャージ、【B】で回避行動に派生できる。
なお、他のガード可能武器のような、納刀状態から即ガードすることは出来ない(斧変形斬りになる)

※6 斧へ変形斬り
MH4Gと異なり、初動で出してもガードポイント(=GP)が発生する。
GP後はガードからの派生ではなく、変形斬りを継続して行う。
仰け反り【大】だと中断してしまう。

※7 属性解放斬りⅠ
初動で繰り出す場合、【パッド前+A】で少し前進して斬る。

※8 変形斬り
剣・回転斬りと同じ動作。
こちらは【X】で牽制斬りに派生可。
回転後にGP発生。

※9 超高出力属性解放斬り
ビン0本時を除き、放つとビンを全て消費、属性強化状態が解除される。


スポンサーリンク

エリアルスタイル

ギルドとの違い

溜め二連斬りが使用できなくなっている。
このため地上で剣撃エネルギーを溜めるのが困難になっている。

一方で踏みつけ跳躍からの「剣:ジャンプ斬り」がビンが溜まりやすくなっている。
が、赤チャージするには3回ほど当てないといけないのでなかなか大変ではある。

斧モードでは【X】でジャンプ斬りの他、【X+A】で高出力属性解放斬りが撃てる。
地上のものよりやや強く、地上のものより隙が少ない。
攻撃後は地上のものと同じく剣モードに切り替わる。

このモーションは、属性強化時は「超高出力属性解放斬り」しか打てなくなる。という残念な仕様になっている。
地上のものと違って、高出力は地上でしか出すことはできない。

チャージアックス・エリアルの使い方?

他のスタイルに比べて、剣撃エネルギーを溜めるのがやや困難なので、
スキル「装填数」があると溜めやすくなる。(黄色チャージでビン5本になる。)

事前に赤色属性強化&ビンチャージしてから乗ると、
乗りダウン中に高出力×2が割と安定して決まるため、初回なら殆どのモンスターに対してスタンを決められる。

まあ、どちらか言えばパーティ向けかなぁ。

チャージアックス・エリアルの操作方法

guild6

【MHX】チャージアックス剣:エリアルの操作方法

【MHX】チャージアックス斧:エリアルの操作方法

※1 回転斬り
回転しきった辺りで、ガード判定が発生。
通常の【R】ガードとは異なり、こちらはガードポイントが発生。
斧モードから「剣へ変形斬り」と同じ動作だが、こちらは牽制斬りに派生できる。

※2 斬り返し
属性強化状態でチャージから派生させると、ビンの爆発効果が付与される。

※3 ジャンプ斬り払い
剣撃エネルギーが6溜まる

※4 盾突き
2Hit
属性強化状態で攻撃を当てると、2Hit目にビンの爆発効果が付与される。

※5 チャージ
剣モードの【溜め】以外の動作から派生可。
ビンが黄色or赤色時はチャージ成功、この場合のみ【A】でそのまま属性解放斬りⅠへ派生できる。
無色時はチャージ失敗、成功時よりも長めの隙を晒してしまう。

※6 ガード
モンスターの攻撃をガードした際、後退【無し】or【中】の場合、後退終了間際に【R+X】で斧変形斬り、
【R+A】でチャージ、【B】で回避行動に派生できる。
なお、他のガード可能武器のような、納刀状態から即ガードすることは出来ない(斧変形斬りになる)

※7 斧へ変形斬り
MH4Gと異なり、初動で出してもガードポイント(=GP)が発生する。
GP後はガードからの派生ではなく、変形斬りを継続して行う。
仰け反り【大】だと中断してしまう。

※8 属性解放斬りⅠ
初動で繰り出す場合、【パッド前+A】で少し前進して斬る。

※9 変形斬り
剣・回転斬りと同じ動作。
こちらは【X】で牽制斬りに派生可。
回転後にGP発生。

※10 超高出力属性解放斬り
ビン0本時を除き、放つとビンを全て消費、属性強化状態が解除される。

※11 ジャンプ超高出力属性解放斬り
地上のものと違い、属性強化時は必ず超高出力になる。
MHXの超高出力は悲惨な威力なので、これを主体にするなら、属性強化はすべきでない。

ブシドースタイル

ギルドとの違い

唯一のジャストガード、とジャスト回避両方を扱える。
剣モード時はジャストガード、斧モード時はジャスト回避になる。

剣モード時は、ガードの構えをすると、ランス、ガンランス同様に正面で腕をグルグル回しながら構える動作がある。

回す最初の瞬間が受付時間であり、成功後は、

  • 【A】で溜め二連斬り(長押し不要)
  • 【X】で赤色属性強化回転斬り
  • 【B】でステップ

を繰り出せる。
溜め二連斬り後に【X】で回転斬りになる。

さらに溜め二連斬りの溜めている間はガードポイントが発生する。
このため他のスタイルよりも剣撃エネルギーを溜めやすい。

斧モードでは回避行動部分にジャスト回避判定があり、成功後はダッシュしたのち、

  • 【X】で叩き付け
  • 【A】で属性解放斬りⅡ

に派生可能。
どちらも、若干隙があるので反撃を受けないように注意したい。

チャージアックス・ブシドーの使い方?

ジャストガードやガードポイントを用いることで、赤色属性強化やビンの蓄積が比較的楽に行える。

剣モードでの生存率は非常に高く、斧モードでもジャスト回避があるため、敵の反撃までに剣に変形し遅れても何とかなる。

剣抜刀の棒立ち状態から斧変形しようとすると、盾を回すアクションを挟んでしまうが、
RとXをほぼ同じタイミング(先に【R】すぐに【X】)で押すと、直ぐに変形斬り出来る。

狩技でオススメされるのは、エネルギーブレイドだろうか?
ビンが溜まりやすいので、撃つ機会はそれなりにある。
狩技は1個だけなので、オーバーリミットは出来ないのが残念。

チャージアックス・ブシドーの操作方法

guild6

【MHX】チャージアックス剣:ブシドーの操作方法

【MHX】チャージアックス斧:ブシドーの操作方法

※1 回転斬り
回転しきった辺りで、ガード判定が発生。
通常の【R】ガードとは異なり、こちらはガードポイントが発生。
斧モードから「剣へ変形斬り」と同じ動作だが、こちらは牽制斬りに派生できる。

※2 斬り返し
属性強化状態でチャージから派生させると、ビンの爆発効果が付与される。

※3 溜め
溜めている間はGP判定がある。

※4 ジャストガード成功後の属性強化回転斬り
こちらは性能の良い方の赤強化になる。

※5 盾突き
2Hit
属性強化状態で攻撃を当てると、2Hit目にビンの爆発効果が付与される。

※6 チャージ
剣モードの【溜め】以外の動作から派生可。
ビンが黄色or赤色時はチャージ成功、この場合のみ【A】でそのまま属性解放斬りⅠへ派生できる。
無色時はチャージ失敗、成功時よりも長めの隙を晒してしまう。

※7 ガード
モンスターの攻撃をガードした際、後退【無し】or【中】の場合、後退終了間際に【R+X】で斧変形斬り、
【R+A】でチャージ、【B】で回避行動に派生できる。
なお、他のガード可能武器のような、納刀状態から即ガードすることは出来ない(斧変形斬りになる)

※8 斧へ変形斬り
MH4Gと異なり、初動で出してもガードポイント(=GP)が発生する。
GP後はガードからの派生ではなく、変形斬りを継続して行う。
仰け反り【大】だと中断してしまう。

※9 属性解放斬りⅠ
初動で繰り出す場合、【パッド前+A】で少し前進して斬る。

※10 変形斬り
剣・回転斬りと同じ動作。
こちらは【X】で牽制斬りに派生可。
回転後にGP発生。

※11 超高出力属性解放斬り
ビン0本時を除き、放つとビンを全て消費、属性強化状態が解除される。

モーション値(全スタイル)

モーション名 威力 備考
剣・突進斬り 18
剣・牽制斬り 14
剣・斬り返し 15 属性強化かつチャージ後派生のみビン効果
剣・回転斬り 30 剣撃エネルギー3蓄積。モーション終点にGP
剣・(簡易)属性強化回転斬り 30 属性強化状態になる。モーション終点にGP
剣・溜め二連斬り 30+20 剣撃エネルギー6+3蓄積
剣・斬り上げ 16 溜め二連斬りの溜めが短すぎ or 溜め過ぎ時のモーション
剣・盾突き 8+12 属性強化時、ビン効果
剣→斧・変形斬り 42【】 斧モードへ変形、剣盾合体時にGP発生
斧・叩き付け 42【】
斧・斬り上げ 33【】 味方上空かっ飛ばし注意。
斧・縦斬り 40【】
斧・横斬り 18【】
斧・属性解放斬りⅠ 20【】 ビン1本消費
斧・属性解放斬りⅡ 20+40
【】
2Hit、ビン1本消費
斧・高出力属性解放斬り 75【】 ビン1本消費
斧・高出力属性解放斬り
(ビン無)
42【】
斧・超高出力属性解放斬り 【25+75】 ビン全て消費&属性強化も解除。残りビン数が多い程強力。
叩き付けは味方吹き飛ばし、衝撃波は上空にかっ飛ばす。
斧・超高出力属性解放斬り
(ビン無)
【20+42】 属性強化は解除されない。
斧→剣・変形斬り 30 剣撃エネルギー3蓄積。モーション終点にGP
剣・ジャンプ斬り 22
剣→斧・ジャンプ変形斬り 42【】
斧→剣・ジャンプ変形斬り 22
斧・ジャンプ斬り 42【】
ストライカースタイル専用
剣・突進斬り 18 突進中にGP発生。
エリアルスタイル専用
剣・ジャンプ斬り 22 剣撃エネルギー6蓄積。
斧・ジャンプ高出力属性解放斬り 75【】 ビン1本消費
斧・ジャンプ高出力
(ビン無)
42【】
斧・ジャンプ超高出力 【25+75】 ビン全て消費&属性強化も解除。残りビン数が多い程強力。
叩き付けは味方吹き飛ばし、衝撃波は上空にかっ飛ばす。
斧・ジャンプ超高出力
(ビン無)
【20+42】 属性強化は解除されない。
ブシドースタイル専用

スポンサーリンク
→次の記事
【MHX】チャージアックスのスタイル別操作方法、コンボ、モーション値|使い方が4Gと大分違う?
MHXにおける、チャージアックスの操作方法、コンボ図、モーション値について紹介していきます。 ギルド、ストライカー、エリアル、ブシドースタイル操作方法を個別に書いてます。 参考
λ... 戻るボタン

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする