【MHXX】レンキンスタイルの詳細。マカ錬金タルとは?狩技は3つ装備できる!

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

MHXXで初登場した、第六の狩猟スタイル。

このスタイルを選ぶことで、アイテムポーチ欄に「マカ錬金タル」というアイテムが加わる。

狩猟中にこのタルを使って錬金し、狩猟を有利に運べるアイテムを作ることが出来る。


スポンサーリンク

基本的な特徴

マカ錬金タルを使い、出来たアイテムを使って狩猟を有利に進めていくスタイルである。

錬金で出来るアイテムは主にサポート系が多く、一部のアイテムは味方にも効果がある。

また、

  • 後述のSP狩技にも特化している点
  • 錬金するにはそれなりに隙を晒してしまう点

を考えると、パーティプレイで真価を発揮するスタイルと言える。

狩技装備可能数

レンキンスタイルでは、ストライカーと同じく、狩技は3個まで装備可能

また、後述するSP狩技の切り替えも、
0~3個まで、自由に切り替えることが出来る。

ブレイヴスタイルに比べると、攻撃的というよりサポート向けであり、それを考慮した数なのだろう。

アクション面

基本的には、ギルドスタイルと比べて、一部のアクションがオミットされている。

オミットされるアクションはそれほど多くないが、
その武器種のメインウェポンに相当するものが使えないことが多く、攻撃性能はそれなりに落ちる。

  • 大剣:強溜め斬り、強薙ぎ払い
  • 双剣:鬼人突進連斬

等等

詳しくは武器種ごとの操作方法を見ていただきたい。

マカ錬金タルはアイテム扱いになっている。
そのため片手剣は【R+Y】で抜刀しつつ使用出来るから他の武器種より有利!…という訳でもない。

実は全武器種共通で、回避行動中に【R+Y】を入力することで、抜刀中でもマカ錬金タルを使うことが出来る。
この時アイテムはマカ錬金タルに合わせておく必要はない

ステップや、弓のバックダイブからでも錬金に派生できる。

ただし【R+Y】の受付時間はやや厳しく、回避行動の後半辺りで入力する必要がある。
(やっぱり片手剣は優遇されていますね!)

レンキンゲージを溜めるには?

レンキンゲージの見方

レンキンスタイルを選ぶことで、アイテムポーチにマカ錬金タルがセットされるようになる。
また、自分のハンター名の上にレンキンゲージと言うものが現れる。

こんなやつです。

レンキンゲージ

また、アイテム表示を切り替えていくと、

レンキンスタイル・マカ錬金タル

このようなアイコンが出現する。

  • ハンター名の方に現れるゲージは1本単位で
  • アイテム欄の方は、1本分溜まるまでの割合で

知ることが出来る。

アイテム欄の「3」と言う数字は、レンキンゲージが3本分は溜まっていると言うこと。

またタルアイコンの半分くらいが黄色く網掛けされているが、これは3本+50%程度溜まっていると言う事になる。

最大でゲージは5本まで溜めることが出来る。

2本以上溜めることで、後述する「さらに錬金」によって、より上位のアイテムが錬金できるようになる。

レンキンゲージを溜める

錬金ゲージは

  • 時間経過
  • 敵に攻撃を当てる

のいずれかで蓄積できる。

何もしなくても、約50秒でゲージ1本分が溜まる。

攻撃を当てるとレンキンゲージが溜まるが、
各武器種の大技を当てるほど、ゲージは多く溜まるようだ。

ボウガンはクリティカル距離で命中させると、ゲージが多く溜まる。

弓は溜め段階によって蓄積量が変わるようだ。

錬金してみよう。

レンキンゲージが1本以上溜まることで、そのゲージを消費してマカ錬金タルが使えるようになる。

マカ錬金タルを使うと、ハンターがタルをシャカシャカするアクションと同時に、

錬金アイテムを作成するか、更に錬金をするか、(あるいはキャンセル)選ぶことになる。

こんな感じ。

レンキンスタイル・マカ錬金タル

錬金できるアイテムは各錬金段階で2種類。
【X】と【A】のいずれかを入力すれば、対応した方を入手できる。

何も入力しなければ、ずっと選択肢が出たままで、被弾しない限り勝手に終了したりしないので、
落ち着いて、だけど手際よく錬金しよう。

ちなみに、錬金中も移動はでき、【R】を押せば速くなる。
運搬状態と同じような扱いになる。

さらに錬金とは

レンキンゲージが2本以上あると、ここで【Y】を押すことにより、更に錬金が可能になる。

これで錬金したアイテムはより強力なものになる。

さらに錬金は最高で4回まで行うことが出来る。

段々強力になっていくが、完成時にそれだけ多くの錬金ゲージを消費する。

錬金とさらに錬金によって生成できるアイテムは次の通り。

レンキンスタイル・錬金生成アイテム

錬金アイテムの効果については後述しますね。

錬金のキャンセル、失敗について

錬金の最中に【B】を押せば、回避行動を行った後、錬金を中止することが出来る。
回避後は納刀状態になる。(これを利用した小ネタあり。)

また、錬金中に敵や味方からの攻撃を受けても同様に錬金は中止される。

さらに錬金を行っていたとしても、生成する前に上記のように中止されると何も生成されない

生成されなかったら、実質的に錬金はしてなかったことと見なされるため、レンキンゲージも消費しない
あくまで生成した瞬間にゲージ消費されるのである。

ただし、所持数やポーチの中身が一杯になっていて、これ以上持てない状態のときは、
生成は出来てしまうが、「これ以上持てません」とのテロップが現れる。

この場合レンキンゲージは消費されるので、実質無駄になってしまうので注意。

消費した錬金ゲージ本数に応じ、SP狩技が強化

レンキンスタイル独自の特徴として、

錬金で消費したゲージが通算で一定の本数に達すると、SP狩技で味方全員にかかる効果が更に強力になる。

条件を満たすと、次のようなテロップで表示される。
また、狩技の縁が()内の色に変化する。

  • ゲージ通算2本分消費:SP状態Ⅱが発動可能(橙色
  • ゲージ通算5本分消費:SP状態Ⅲが発動可能(赤色
  • ゲージ通算12本分消費:SP状態Ⅳが発動可能(紫色

このSP状態の強化は時間経過で消失はしないようだ。(10分ほど放置しても変化なし)
力尽きても強化状態は続く
そのため狩猟が長引きやすい大連続クエストではオススメかもしれない。

他のスタイルでSP狩技を使用した場合は…

スタイル SP状態の効果
ギルド 薬系アイテムの使用、罠設置が高速化
ストライカー 狩技ゲージが1秒毎に2ずつ自動増加
エリアル 踏みつけ跳躍直後からスタミナが回復
ブシドー ジャスト回避(ガード)の受付時間延長
ブレイヴ ブレイヴゲージが溜まりやすくなる。
レンキン レンキンゲージが溜まりやすくなる。
ニャンター サポートゲージ消費量が20%OFF
オトモ サポート行動の使用頻度上昇

となっているが、SP状態●●が発動可能な状態でSP狩技を使うと…

  • SP状態Ⅱ:スタミナ最大値の減少速度軽減(=腹減り半減?)
  • SP状態Ⅲ:体力が徐々に回復(赤ゲージだけでなく緑分も)
  • SP状態Ⅳ:攻撃によってモンスターを怯ませやすくする。

と言った効果。

SP状態Ⅱはニャンターには無意味だが、ⅢとⅣはしっかり効果がある。

また発動したSP状態は、下位の効果も内包している。

SP状態Ⅳ発動可能の状態でSP狩技を使えば、

各スタイルの効果 + スタミナ最大値減少軽減 + 体力徐々に回復 + 怯ませやすくなる。

と全て発動することになる。

(余談)
管理人、元化学系出身なので、SP2とか、SP3とか聞くと、混成軌道?
とか変な想像してしまうw
(ほんとどーでも良い話ですね。)


スポンサーリンク

錬金で作成できるアイテム

1回錬金

1回錬金アイテムは全てRARE3、味方に渡すこともできる。

レンキンフード

錬金1回目、【X】で生成可能。

食べるとスタミナが12.5(?)回復する。(携帯食料の半分)

回復量は中途半端だが、これは飲んだ後の憎きガッツポーズが一切ない
飲んだら直ぐに動ける。

そのため戦闘中などの危険な状態で活用できるかもしれない。

レンキン狩技砥石

剣士のレンキンスタイル、錬金1回目の【A】で生成可能。

通常の砥石と同じように研ぎ(回数も同じ。スキル「砥石使用高速化」の効果は現状不明)

斬れ味の回復量が不明。砥石よりは少ないという話もある。

さらに60秒間、狩技ゲージの蓄積量を1.3倍に増加させることが出来る。

ちなみに1.3倍は、現状最高倍率である。

参考までに…

  • 二つ名武器:1.2倍
  • 狩技ドリンク & スキル「明鏡止水」:1.1倍
  • ストライカースタイル:1.05倍

効果がある間は、狩技ドリンクを飲んだ時と同じく、狩技の縁が赤く点滅する。
持続時間が短いのが欠点か。。

レンキン狩技弾

ボウガン装備時、錬金1回目の【A】で生成可能。

弾が命中すると、狩技ゲージが大きく上昇する。

弾自体は、他の通常弾や貫通弾と同じように弾ポーチに所持することになる。
一応、全てのボウガンで装填は可能らしい。

1度の錬金で弾が5発しか得られないので、コスパは微妙な気がする。
増加量も極端に大きいわけではなく、気休め程度だし。
最大所持数は30発

レンキン狩技ビン

弓装備時、錬金1回目の【A】で生成可能。

他のビンと同じように、装填して使用する。

敵に命中すると、狩技ゲージが大きく上昇する。

ビン自体は弾ポーチで所持する。
全ての弓で装填はできるようだ。

1度の錬金で3発分しか得られないので、レンキン狩技弾以上に微妙。

2回錬金

レンキン活力剤

錬金2回目、【X】で生成可能。
RARE3なので味方に渡すこともできる。

飲むと一定時間、体力が徐々に回復するようになる。
赤ゲージだけでなく、緑部分も回復していく。

回復速度はかなり速い。1秒で2くらい。(回復速度+2相当?)

また、レンキンフード同様、飲んだ後のガッツポーズは無い

レンキン音波爆弾

錬金2回目、【A】で生成可能。
RARE4なので味方に渡せない。

音爆弾によく似た名前だが、投げて使用するのではなく、
使用後タルを抱えたまま、一定時間後に炸裂する。

抱えた状態で、運搬物と同じように移動することはできる。

効果は音爆弾+エリア内の小型モンスターを排除する効果。
要するにオトモ版「超音波笛の技」と同じようなもの。

なお、使用から炸裂までの間に被弾してしまうと不発になる上、レンキン音波爆弾自体も消費する。

時間差発動のため、大型モンスターの一瞬のタイミングを狙ってダウンを奪うのは難しいだろう。

3回錬金

レンキン耳栓

錬金3回目、【X】で生成可能。
RARE3なので味方に渡すこともできる。

一度だけ咆哮を防いでくれるゴム質の何か
咆哮【小】【大】両方に有効。

一度だけ咆哮を防ぐと言えば、MH4Gで登場した「応急耳栓」に近い効果である。

が、あちらは服用する必要があったが(動作は早め)
レンキン耳栓は、持っているだけで効果を発揮する。

ちなみに乗りバトル中の咆哮はしがみ付いていてもぶっ壊れるので、
レンキン耳栓を所持した以上は咆哮を無視してボタン連打しよう。

レンキン速振薬

錬金3回目、【A】で生成可能。
RARE4なので味方に渡せない。

飲むと5分間、錬金時のタルを振る速度が速くなる。
錬金回数の多いアイテムも手早く生成できるようになる。

効果時間中はハンター名の上にあるレンキンゲージが白く点滅するようになる。

持続時間が短いのがなかなかキツいか…

4回錬金

レンキンフエール

錬金4回目、【X】で生成可能。
RARE4なので味方に渡せない。

フエールピッケルに似たアイテム。

これで他のレンキンアイテムを増殖することが出来るようだ。
増殖は「調合」から行えるらしいが、体験版では調合ができないため、現状不明。

どこぞの情報によると、対象となるレンキンアイテムによって増殖数が異なる。

特にレンキン狩技砥石は6~8と非常に多いらしく、6~8回砥石を錬金するよりお得である。

1個しか持てないため、2個目を作ると無駄にゲージを消費してしまうので注意。

レンキンバズーカ

錬金4回目、【A】で生成可能。
RARE5なので味方に渡せない。

アイテムとして使用すると、錬金タルを構えて約1秒後に、バズーカを発射する。
弾は山なりの放物線状にゆっくり飛んで行き、通常回避2回相当の距離を飛んで爆発する。

発売前の動画で、紫毒姫を撃墜したアレ。

なお、タル爆弾系とは異なり、爆発に巻き込まれてもハンター側にはダメージは一切ない

威力は検証中だが、大タル爆弾と大タル爆弾Gの中間相当の威力と思われる。

発射までの隙は音波爆弾より短いうえ、
発射前に妨害を受けて不発になった時は、バズーカは消費しない。

最大所持数は3
1回の錬金で2個生成できるので、無駄を防ぐために2回目の錬金前に一発発射した方が良い。

5回錬金

レンキン気合玉

錬金5回目、【X】で生成可能。
RARE5なので味方に渡せない。

使用すると、自分および周囲の味方の狩技&サポートゲージを増加させる。

  • ハンターの場合は狩技ゲージ350
  • ニャンターの場合はサポートゲージ0.5本分

のようだ。

必要量:特小なら一発で溜まるほど。

某捕獲ゲーでも登場する、命中70%で信頼度の低い、役割破壊的な技

レンキン癒しタル

錬金5回目、【A】で生成可能。
RARE5なので味方に渡せない。

使用すると、タルから特殊な薬剤が振りまかれ、
自分および周囲の味方の体力と状態異常を回復する。

使ってから数秒間は徐々に体力回復し、その後タルが割れ、ここで大幅に回復。
体力は約100くらい回復する。

効果だけなら生命の粉塵の上位版+万能湯けむり玉のような効果だが、5回錬金かつ所持数が1個だけなのがネックか。

使えるか分からん高速納刀(半分ネタ)

抜刀状態 → 回避 → 【R+Y】で錬金タル使用 → 即【B】で回避キャンセル → 納刀している

が一応可能。

納刀が遅い武器種の場合、こっちの方が早いかもしれない。

狙ってやるよりも、敵の攻撃を回避しつつの連携で使えるかもしれない。

狩技3個装備できるし、絶対回避でOKとか言わない!

最後に

  • 錬金アイテムの効果がサポート向け
  • ギルドスタイルと比べていくつかのアクションが使えない(主力なものが多い)
  • SP狩技強化の存在

などから、基本的にパーティプレイ向けだろう。

オフ会など、皆で顔合わせて狩猟する時には、ちょっとしたお遊びも出来て面白いかもしれない。

まだ検証してからだが・・・

  • 片手剣:パーティでご法度とされる剣盾コンボが無い
  • ライトボウガン:基本ギルドと変わらない?(ギルドを完全に食っている??)

この2種は特にオススメだと思われる。

レンキンバズーカ
「クエスト達成後の祝砲には持って来いのスタイルだぜ?」


スポンサーリンク

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする