スキル:回避性能・回避距離の効果。エリアルやブシドーの無敵時間は?

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

スキル「回避性能、回避距離」の効果、装飾品名、お守り(護石)のポイントについて紹介していきます。

  • 回避性能:回避行動の最初に発生する無敵時間の延長
  • 回避距離:回避、ステップの距離を延長

という効果である。なかなか中毒性の高いスキルでもある。

MHXのブシドースタイル(ジャスト回避)には…果たして効果があるのか?


スポンサーリンク

スキル・回避性能、回避距離の装飾品、発動スキル、お守り(護石)

回避性能

装飾品名

  • 回避珠【1】→+1
  • 回避珠【2】→+3

発動スキル

  • +20pt:回避性能+3 (MH4・4G)
  • +15pt:回避性能+2
  • +10pt:回避性能+1
  • −10pt:回避性能DOWN

お守り(護石)最高pt

  • MH3G:pt(お守り)
  • MH4G:pt(お守り)
  • MHX :pt(お守り)

回避距離

装飾品名

  • 跳躍珠【1】→+1
  • 跳躍珠【3】→+4

発動スキル

  • +10pt:回避距離UP(MHP3は15pt)

お守り(護石)最高pt

  • MH3G:pt(お守り)
  • MH4G:pt(お守り)
  • MHX :pt(お守り)

スキル・回避性能、回避距離の効果

回避性能

回避行動を行った際の、無敵時間を延長(短縮)するスキル。

ハンター(ニャンターも含む)の回避行動は、出始めの瞬間に、僅かな無敵時間が発生する。
この瞬間はモンスターの攻撃を一切受けない。

当スキルは、この無敵時間を延ばす効果がある。

通常は無敵時間は0.2秒だが…

  • 回避性能+1では0.33秒
  • 回避性能+2では0.40秒
  • 回避性能+3では0.60秒

に延長される。
通常回避だけでなく、ステップ回避にも効果がある

マイナス側が発動すると、無敵時間が0.1秒と半分になる。
これではフレーム回避がほぼ成功しなくなるので、発動させないようにしよう。

実際に当たり判定が一瞬の攻撃(ナルガの尻尾振りなど)を、
回避行動の無敵時間で躱すと言う立ち回り(通称:フレーム回避)が存在する。

しかし、スキル無しでの0.2秒というのはかなりシビアであり、
少しでも早すぎると、無敵時間が切れたところで被弾するし、遅すぎても当然被弾してしまう。
かなり繊細なタイミングが要求される。

当スキルを発動させると、この無敵時間が延長されるのだが…
回避性能+1の0.33秒になるだけでも、別次元と言えるほどフレーム回避が成功しやすくなる。

試しに…

  • ナルガの尻尾攻撃
  • ジンオウガのお手(前脚連続叩き付け)
  • 多くのモンスターの咆哮

辺りに合わせて回避してみよう。
狩猟が楽しくなるくらいに攻撃をすり抜けられるようになる。

回避性能+2、+3では無敵時間が更に延長される。

MH4・4Gで登場した+3は、必要スキルポイントに対して、効果がかなり高く、(後述するが)非常に中毒性の高いスキルでもある。

フレーム回避が成功すると…

詳しくは「フレーム回避」の項目に書いたが、

敵の攻撃を避けるためには、基本的に攻撃範囲の外まで離脱しないといけない。
つまり、少し早めに此方の攻撃を中止し、離脱しないといけない。
そして敵の攻撃が終わったら再び接近、と言うステップを踏む。

この離脱と接近の間は手数が落ちてしまうのが分かると思う。

一方でフレーム回避が成功するようになると、敵の攻撃範囲外まで離脱する必要がなくなる

  • 被弾ギリギリまで手数を稼ぎ
  • 当たる直前でフレーム回避
  • 回避後は接近の必要もなく即座に反撃

と言う立ち回りも可能にすらなるので、結果手数の増加に繋がる。

回避系スキルでありながら、見方を変えれば攻撃系スキルとも言える。

一方、当スキルの弱点は、当たり判定が非常に長い時間残る攻撃。

この場合フレーム回避は望むべきではない。

ただ、全ての攻撃が非常に長い当たり判定を持つモンスターは限られるので、基本的に当スキルの守備範囲は広い。

武器種で言うと、

  • 太刀
  • 双剣
  • ハンマー
  • 狩猟笛
  • ランス(回避メイン)
  • スラッシュアックス
  • 操虫棍

と言った、近接かつ、ガードが出来ない武器種には特にオススメ。


スポンサーリンク

回避距離

こちらは回避の無敵時間ではなく、回避によって移動する距離を引き延ばすスキル。

おおよそ未発動時の1.5倍ほどになる。マイナススキルは無い。

回避動作の所要時間は変わらず、実質1.5倍のスピードで動くことが出来る。

これより、使い道が大きく2つある。

純粋に離脱目的

スキル未発動時に比べて、同じ時間で遠くまで回避できるので、
当たり判定が広い攻撃でも、その外部まで離脱しやすくなる。

また僅かではあるが、無敵時間中に移動できる距離も伸びる。

そのため尻尾振りのように線状の当たり判定が迫ってくるような攻撃だと、
その方向に回避すれば少々回避しやすくなる。

移動手段として

特に便利なのが…

  • スラッシュアックス:剣モード
  • ヘビィボウガン

これら2種。

抜刀時は移動速度が遅く、納刀も遅いため、機動力に悩まされ武器種でもある。

特にヘビィボウガンは、納刀状態から攻撃を行えるのが近接攻撃(ボウガンで殴るやつ)のみで、
威力もアテにならないので、基本抜刀したまま回避行動で移動することが多い。

そこで役立つのが当スキルで、移動距離が伸びるため、機動力が増す

回避距離は欠点もある

回避の移動距離が伸びるため、逆に敵に張り付いて立ち回る場合には、
回避で遠くに離れすぎて手数が落ちることもある。

  • 片手剣
  • 双剣
  • ランス
  • ガンランス

辺りは張り付いて立ち回ることも多いため、発動はよく考えた方が良いだろう。

MHXでは…ブシドーに回避性能は不要?

MHXでは、狩猟スタイルと言う要素が登場。

中でもブシドースタイルは、敵の攻撃を引き付けてタイミングよく回避することで、ジャストアクションを行える。

回避行動を行った瞬間から一定の時間内に、敵の攻撃が当たるように回避で突入することで発生する。

ここで気になるのはジャスト回避の受付時間

検証の結果、当スキルを発動させても受付時間は伸びないことが判明した。
つまり、ジャスト回避が可能な武器種のブシドースタイルにとっては、当スキルは死にスキルになる。

一応、ジャストアクションがガードになる

  • ランス
  • ガンランス
  • チャージアックス(剣)

これら武器種では、一応効果はあるものの、
ジャストガード主体としてスタイルの持ち味を生かす立ち回りが奨められるので、当スキルのコスパはよろしくない。

オススメされる武器種、対モンスター、状況などのまとめ

回避行動時の無敵時間を延ばすスキルであるため、

  • 当たり判定が一瞬の攻撃が多いモンスター
  • 近接武器でガード不可能(太刀、双剣、ハンマー、狩猟笛、スラアク、操虫棍)な武器

に関しては、大変心強いスキル。

中毒性の強いスキルであるため、
スキルを外した時に、全く回避できなくなり自分の腕前が鈍ったと言う状況にもなりやすいので、ご利用は計画的に。。


スポンサーリンク
→次の記事
スキル「体術、飛距離強化」の効果、装飾品名、お守り(護石)のポイントについて紹介していきます。 体術はスタミナを固定消費する行動を行った際の、スタミナ減少量を緩和する。 飛
λ... 戻るボタン

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする