スキル:体術(★☆★)の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

回避行動やガード、スラアクの振り回し攻撃など、瞬時にスタミナを消費する行動時にスタミナ消費量を軽減させるスキル。

スキル:体術の概要

冒頭に戻る

装飾品:
体術珠【1】→+1
体術珠【2】→+3

発動スキル
+15pt:体術+2
+10pt:体術+1
−10pt:体術ー1
−15pt:体術ー2

便利度★★☆☆☆

有効な場面:
ガードをメインとするランス、ガンランス
スラアク斧、
エリアル大剣


スポンサーリンク

主な効果・ネタ等

冒頭に戻る

冒頭の通り、回避行動やガード、スラアクの振り回し攻撃など、瞬時にスタミナを消費する行動時にスタミナ消費量を軽減させる。

体術+2で、1/2に軽減
体術+1で、2/3に軽減
体術ー1で、1.2倍に増加
体術ー2で、1.35倍に増加
というもの。

MH4からは、当スキルに「飛距離」も内包されている。

特にガードを主体とするランス・ガンランスは消耗が抑えられるので便利ではあるが、
当スキルを発動させても、仰け反りは軽減できないので「ガード性能」も欲しくなる。
共に+2は15ptなのでかなり重たいのが難点でもある。

スラアクを斧メイン、振り回しを多用するなら、スキルの消耗を抑えられるため、連続で振り回せるようにはなる。

強走薬でOKとか言ってはならない。

MHXではエリアル大剣で地味に効果的。
そもそもスタミナ管理をそれほど必要としない大剣だが、地上では溜め斬りができず、空中で高速溜め斬りがウリなため、
実質的に常にエア回避→ジャンプ斬りを繰り返すことになりスタミナを意識する必要が出てくるためである。
ただし納刀ダッシュで接近し、エア回避しようとしたら、
「モンスターの目の前に緊急回避してしまい隙を晒した」という暴発が起きやすいのが難点でもある。

食事効果に「ネコの体術」があるが、これは+1と同等の効果。
体術+1と「ネコの体術」は重複して+2相当になるが、体術+2とは重複できない。

スポンサーリンク

役立ったら、皆に広めてー φ(・ェ・o)

  • (・ω・)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
併せてよく読まれる記事


Copy Right(C)2015 モンハン攻略・初心者講座 All Right Reserved.