MHW|大剣の使い方、操作方法、コンボ、モーション値などをまとめた。

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

MHW(モンハンワールド)の大剣の操作方法を纏めてみました。

ここでは主に…

  • 大剣のコンボ図
  • モーション値
  • 大剣の各モーションについて(特に新モーション)

について記載していきます。
注:現状はベータ版の検証です。
また、ベータ版をプレイできる期間が限られているので、検証が不十分な可能性が大いにあり、正確な情報はまだ提供できかねます。あくまで参考程度にご覧ください。


スポンサーリンク

大剣のモーション値

モーション値の検証は、トレーニングモードにて。
肉質80(間違いないと思う)の中央丸太および、肉質40のタルを使って計測。

大剣は中腹Hitでダメージ1.05倍が今作もある模様で、モーション値も±1前後のズレがあるかも知れません。

モーション名 モーション値 備考
抜刀斬り
(=溜め0)
48
溜め斬り1 71 溜め過ぎもこれ
溜め斬り2 91
強溜め斬り0 66
└強なぎ払い0 60
強溜め斬り1 83 溜め過ぎもこれ
└強なぎ払い1 66
強溜め斬り2 97
└強なぎ払い2 79
真・溜め斬り0 21+171
真・溜め斬り1 21+183 溜め過ぎもこれ
真・溜め斬り2 21+211
なぎ払い 27
横殴り 16 打撃属性
斬り上げ 39
飛込なぎ払い 72 (強・真)溜め斬り→タックルから派生で威力UP
溜め1:85
溜め2:110
タックル 27 (強・真)溜め斬りから派生で威力UP
溜め1:35
溜め2:48
ジャンプ溜め0 67 強なぎ払い0に派生
ジャンプ溜め1 89 強なぎ払い1に派生
ジャンプ溜め2 100 強なぎ払い2に派生
溜め斬り上げ0 46
└落下突き0 70+15×N N:最大5Hitくらい
溜め斬り上げ1 70
└落下突き1 70+22×N N:最大5Hitくらい
溜め斬り上げ2 96
└落下突き2 70+27×N N:最大5Hitくらい

大剣のコンボ図

コンボ矢印の色が異なる部分は、他のコンボルートと交差しているため、区別するためだけに用いたものです。
特別な意味はありません。

【MHW】大剣の操作方法、コンボ


スポンサーリンク

攻撃モーションの特徴

従来と同じく、刀身の中程かつモーションの中間で攻撃を当てることで、1.05倍(?)の上方補正が掛かる。

斬れ味補正に関しては現在は不明。
肉質20のタルを溜め2、強溜め2で攻撃しても弾かれたことは確認した。

溜め斬り

大剣の象徴とも言えるメインコンボ。
今作も納刀状態から出すことができる。

これまでは溜め0,1,2,3(溜め過ぎ)の4段階だったが、
MHWでは溜め0,1,2(溜め過ぎ)の3段階になった模様。

モーション値と溜め時間はほぼ同じくらいで溜め3がオミットされたような感じである。

MHWでは、後述の「強溜め斬り」へ素早く派生できるようになった他、
新モーションである「真・溜め斬り」も追加された。

強溜め斬り

MH4G、MHX=ギルドと異なる点として、
強溜め斬りにも「溜め過ぎ」が発生するようになった。

なお、従来は、

溜め斬り→【横殴りorなぎ払い】→強溜め斬り

と【】内のコンボパーツを経由する必要があったが、MHWでは溜め斬り後にⓁ+△でいきなり強溜め斬りに派生できる。

また、新モーションである「タックル」から強溜め斬りへ繋げられるコンボもあり、MHWでは強溜め斬りが出しやすくなっている印象。

真・溜め斬り

MHWでの新モーション。
棒高跳びのような跳躍で軽くジャンプしつつ、落下の勢いと共に強烈な斬撃をぶちかます。
(棒高跳び時の剣を地面にぶつける時に小ダメージ判定がある2段階攻撃)

また、トレーニングモードの肉質20のタルを攻撃したところ、弾かれ無効だと思われる。

モーションは長めで、攻撃中、攻撃後の隙も大きく、派生は回避のみである。
しかし威力は非常に高い。比較すると…

  • 溜め斬り2 = 91
  • 強溜め斬り2 = 97
  • 真・溜め斬り2 = 21+211

と2倍以上の破壊力である。

分かり易いコンボで言うなら、

△溜め斬り → Ⓛ+△強溜め斬り → Ⓛ+△真・溜め斬り

で出すことができるが、もう少し手早く出せるコンボルートもある(オススメコンボにて紹介)

もう一つ、この技で重要なのは、その勢い故斬撃後に身体がかなり”前のめり”になること。
紳士ハンターなら既にお察しだろう()。

なぎ払い

従来から存在した、前方を広めにカバーできる攻撃。

斬り上げと交互に繰り出すことで隙が小さくなる、「通称:デンプシー」も健在。

従来はなぎ払いから【A】で強溜め斬りに派生できたが、
MHWでは、今作新モーションの「タックル」に派生する。

強なぎ払い

主に強溜め斬り後の追撃として使われる攻撃。

コンボ自体はMH4GやMHX=ギルドと同じ。
過去作では【XまたはA】のどちらでも派生できたが、
MHWでは【〇】でのみ派生する。(△だと横殴りに派生)

MHWでは強なぎ払い後△ですぐに強溜め斬りへ派生可能。
要するに「強溜め斬り⇔強なぎ払い」のループが可能。

斬り上げ

従来通りの高所へのリーチが長い攻撃。

トレーニングでは分からなかったが、おそらく本作でも味方ふっ飛ばし効果はあると思うので、利用は計画的に。
なぎ払いとのデンプシーは今作も健在。

斬り上げ後は【△】で溜め斬りに派生できるが、
強溜め斬りから斬り上げに派生した場合に限り、【△】で強溜め斬りに派生する。

横殴り

従来から存在する攻撃で、通称:横ペチ。
打撃属性なので、頭に当てればスタン値も与えられる。

強溜め斬りや、MHW新モーションの「タックル」、「飛び込み薙ぎ払い」など、多くの攻撃から繋ぎとして使える。

「溜め斬り⇔横殴り」のループも可能。
強溜め斬りから横殴りに派生した場合に限り、【△】で強溜め斬りに派生する。

タックル

MHW新モーション。横殴りと同様打撃属性である。
スタミナを50ほど消費するが、攻撃中は仰け反りどころか、吹き飛ばしや咆哮すら無効化できる素晴らしい性能。

回避後、なぎ払い後、キック後と言う具合に多くのモーションから繋げられる。

更に、

  • 溜め斬り
  • 強溜め斬り
  • 真・溜め斬り

溜め動作をキャンセルしてタックルすることも可能。

これにより、溜め中に敵の攻撃が来たら、今までは被弾確定だったものがタックルで凌げるようになった。
(しかしダメージは受けるので、力尽きないようには注意されたし。)

タックル後は溜め斬りに派生もできる。
この場合の溜め斬りは、1ランク上の溜めになる。

例)
溜め斬りをキャンセルしてタックル→△で強溜め斬り。
強溜め斬りをキャンセルしてタックル→△で真・溜め斬り。

溜め斬りをキャンセルしてタックルした場合、溜め段階に応じてタックルの威力も上がる。

飛び込み薙ぎ払い

MHW新モーション。
タックル後に【〇】で繰り出すことができる。
非常に広範囲をなぎ払い、若干前進する(?)ので、位置調整として便利かもしれない。

  • 溜め斬り
  • 強溜め斬り
  • 真・溜め斬り

の溜め中キャンセルでタックルに繋ぎ、更に飛び込み薙ぎ払いに派生した場合は、溜め段階に応じて飛び込み薙ぎ払いの威力も上がる。

ジャンプ(溜め)斬り

MHWでは、MHX=エリアルのように、ジャンプ中に溜め斬りを繰り出すことができる。
溜める瞬間に、自由落下とは反する上向きの浮力が一瞬掛かるため、思ったより溜まる。

またジャンプ斬り後の追撃は従来の場合「強なぎ払い2」の威力だったが、MHWではこの溜め段階と同じ強なぎ払いになる。

溜め斬り上げ、落下突き

MHWでは、坂道でダッシュすると斜面滑り状態になる。
この間に△長押しで溜め斬り上げに派生することができる。

斬り上げ時にジャンプするので、そのまま△で落下突きに派生できる。

落下突きは当たり具合によっていHit数が変わる模様。
最初に高威力の判定が発生し、続けて低威力の多段Hitになる。タルに試したところ最大で5Hitくらいする。

落下突き後は、強なぎ払いに派生できる。
これも溜め斬り上げの溜め段階と同じ威力になると思われる。

過去作(4G・MHXギルド)との違い

新モーションは…

  • 真・溜め斬り
  • タックル
  • 飛び込み薙ぎ払い
  • 溜め斬り上げ
  • 落下突き

個人的には、従来作品とは大分変わったと感じた。

従来通り溜め斬りループは健在だが、

  • 「溜め斬り→強溜め斬り→真・溜め斬り」とモーションが増えたこと。
  • 溜め中にタックルで自由度が増えたこと。

等々、出来ることがかなり増えたように思える。

その分、使いこなすには多少の慣れも必要になってくると思われる。

溜め斬り→横殴りループだけでも戦えるが、上手く絡め手を使って行けば、大剣も面白くなってくると思う。

大剣のオススメコンボ

溜め斬り【△長押し】→強溜め斬り【Ⓛ+△長押し】→真・溜め斬り【Ⓛ+△長押し】→回避

過去作から大きく操作方法が変わった大剣の中で、最も分かり易いコンボだと思う。

なぎ払い【〇】→斬り上げ【△】→…以下ループ

従来からあった、通称:デンプシーと言われる無限コンボ。

斬り上げからなぎ払いにつなげると、素出しなぎ払いよりも隙が小さいため、分かり易いコンボとして使われている。

手数も大剣にしては稼げる方なので、高属性武器でもそこそこ恩恵があるかも知れない。

斬り上げがMHWでも味方を吹っ飛ばすと思われるので、パーティプレイでは注意したい。

抜刀斬り【△】→強溜め斬り【Ⓛ+△】→溜め中タックル【△押しながら〇】→真・溜め斬り【△】

高威力の真・溜め斬りへ素早くつなぐためのルートと思われる。

手順だけ見ると難しく見えるが、強溜めをタックルでキャンセルして一段階上の真・溜めへ直行って考えると分かり易いかも?


スポンサーリンク

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする