【モンハン】スキル:精密射撃(ブレ抑制)の効果。

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

スキル「精密射撃(ブレ抑制+1,+2)」の効果、装飾品名、お守り(護石)のポイントについて紹介していきます。

ボウガンの弾発射時のブレを抑えるスキル。
左右にブレる武器は消した方が良いが、片方だけのものは消さなくても使えたりする。


スポンサーリンク

スキル・精密射撃の装飾品、発動スキル、お守り(護石)

装飾品名

  • 点射珠【1】→+2

発動スキル

  • +15pt:ブレ抑制+2
  • +10pt:ブレ抑制+1
  • −10pt:ブレ抑制−1
  • −15pt:ブレ抑制−2

お守り(護石)最高pt

  • MH3G:pt(の護石)
  • MH4G:pt(の護石)
  • MHX :pt(の護石)

スキル・精密射撃の効果

ボウガンの弾道のブレを抑えるスキル。
ブレ幅も武器によって決まっており、

  • ブレ無し
  • ブレ小
  • ブレ大

の3段階。

更には、

  • 左だけにブレるもの
  • 右だけにブレるもの
  • 左右にブレるもの

が存在する。

ある程度スキルの効果は想像つくであろう、

  • ブレ抑制+1発動で、ブレ小→ブレ無しに
  • ブレ抑制+2発動で、全てのボウガンがブレ無しになる。

マイナス側は少し特殊。

ブレ無しの場合は、

  • ブレ抑制−1で「左右/小」
  • −2だと「左右/大」

になる。

元がブレ「右/小」、「左/小」の武器は、
ブレ抑制−1でそれぞれ「右/大」、「左/大」になり、ブレ抑制-2は-1と同等である。

元が片方にブレがある場合は、そのブレ方向のみ大きくなるが、
元がブレ無しの場合は左右にブレる。
くれぐれも注意したい。

片方のブレ「大」は使い方によっては強い?

本来はブレ無しが、一番良い。
狙った場所に確実に飛ぶからである。

しかし、状況と腕前によっては、ブレ「大」があった方が強い場合もある。
俗に言う、「曲がる魔球」ってやつ(笑)

片方のブレは、弾種によって変わるものの、弾道はある程度決まっているので、

直線では狙えない場所からでも、弾道のカーブを利用して回り込ませるように弱点を狙ったりもできる。
相応のプレイヤースキルは要求されるが。

元々片方のブレ「小」の武器に「ネコの暴れ撃ち」を発動させて、片方ブレ「大」にして扱う人も一定数いるだとか。

ブレ左右は安定しない。

発射からある程度飛ぶと左右に蛇行するようになるため、
曲がり始める距離よりも近づかないと、狙った部位に当て辛い。

ブレ左右のボウガンをメインに使うなら、このスキルでブレは消しておいた方が良い。

ちなみに、貫通弾はブレの度合いがそれほど酷くなく、通常弾はかなりブレる。
貫通弾メインなら扱えなくもないが…

ネコの暴れ撃ちとは?

食事スキルにある「ネコの暴れ撃ち」は、ガンナーの攻撃力を1.05倍および、ブレ抑制-1が発動すると言うもの。

先述の通り、ブレが片方のボウガンだと、実質メリットだけで撃てたりする。

なお、弓は本来ブレの概念が無いものの、暴れ撃ちを発動させるとブレが発生する。

連射矢を撃ってみると分かりやすい。
纏めて飛ぶはずが、少しバラけて飛んでいく。

ボウガンに比べると、バラけ具合はそれほど酷くないので、よっぽど小さい部位を狙うのでないなら、割と使いやすいスキルである。

「ネコの暴れ撃ち」で発生するブレは、当スキルの「ブレ抑制+1」で相殺できる。

オススメされる武器種、対モンスター、状況などのまとめ

ブレが左右に発生するボウガンでは、発動させたい。

シリーズ通してこの手の武器は、攻撃力など他の性能が優れている傾向にあり、
ブレさえ抑制すれば頼れる一丁になり得る。

片方のブレに関しては、腕前次第では消さずに運用しても問題ない

スポンサーリンク
→次の記事
モンハン,スキル,効果,お守り,護石,弾薬節約 スキル「弾薬節約」の効果、装飾品名、お守り(護石)のポイントについて紹介していきます。 射撃を行った際に、一定確率で弾数を消
λ... 戻るボタン

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする