片手剣の特徴、初心者向け使い方、オススメスキルなど【モンハン】

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

片手剣の使い方の続き。
ここでは特徴(長所・短所)、初心者向け使い方、パーティプレイでの使い方、オススメスキルについて紹介します。
MHXの片手剣の狩技片手剣・スタイル別操作方法はリンク先に書きました。

片手剣は基本的にメインのコンボルートが一つなので、慣れると使いやすい。
剣盾コンボを如何に暴発させないかがポイント。

どのアクションも短めでいつでも回避がしやすいく、出来るだけ手数をギリギリまで稼ぎ、回避でやり過ごすと火力が上がる。

パーティでは抜刀しながらのアイテムで誰よりも早く生命の粉塵が撒ける。


スポンサーリンク

片手剣の長所・短所・特徴

性能評価(個人的な評価)

機動力
一発の威力
手数(=属性の恩恵)
切れ味維持
パーティでの貢献度
初心者扱いやすさ
生存率
★★★★★
★☆☆☆☆
★★★★★
★☆☆☆☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★

長所

  • 抜刀中でも移動速度は速い
  • 一撃のモーションが短く、割と好きなタイミングで回避に繋げられる。
  • ガードが出来る
  • 抜刀中で唯一、アイテムを使用できる。
  • 定点攻撃も得意で、低所なら部位破壊もしやすい。
  • 手数武器なので、武器の属性の恩恵を受けやすい。
  • 若干ではあるが、他の武器よりも同ゲージでは弾かれにくい
  • 必須のようなスキルはあまりなく、割と自由にスキルを組むことができる。

短所

  • 一撃の威力は低く、手数を稼がないと火力が上がらない。
  • リーチが短いので、敵に張り付かないと攻撃が当たらない。高所攻撃も届かない。
  • モーションが短いが、次の行動に移れる操作受付時間も短い(ディレイをかけにくい)
  • 手数が多い分、斬れ味の消耗も激しい
  • ガードは可能だが、性能は低く、軽い攻撃でも大きくのけぞる。
  • 属性値の方がウエイトが大きく、弱点を突くためには、複数の武器作成が必要
  • 水中では、攻撃速度が遅くなり、手数も減り「どうしてこうなった」と言うくらい性能が落ちる。

片手剣の特徴

近接武器の一つで、初代から大剣とならんで、モンハンでは有名な武器種
ゲームを新しく始めたら、最初に持っているのは片手剣である。
一応「初心者は片手剣から」と言われているが…。

武器としての人気は、中〜中の下くらい。

左手に小さ目の剣、右手に盾を持つ。
ちなみにハンターは右利きであり、右手に盾を持つのは生存率を上げるためらしい。

武器の形状は

  • 小さ目の剣だったり
  • 鉈のような形状だったり
  • ナイフ系だったり
  • 棒状のフライドチキンのような

ものもあるw。

一つ一つの動作は軽快で、攻撃モーションも短いので、割と好きなタイミングで回避できる。
しかもガードも出来るので、生存率も高い。

ただし、ガードの性能はとても低く、ちょっと小突かれただけでも大きくノックバックし、
スタミナもごっそり持っていかれる。

よって、基本は回避行動で敵の攻撃を避け、
どうしても回避では間に合わない場合に、ガードを用いるというのが一般的戦い方。
しかし、片手剣のガードノックバックはなかなか格好良いw

できるだけ粘着しよう

片手剣は攻撃モーションが短く、回避できるタイミングが結構多いので、

モンスターに張り付いてひたすら攻撃

突進などの反撃が来る際には、ギリギリで回避して離脱

再び追いかけて粘着する。

他の武器種では、モーションが長くて回避が間に合わなかったという状況も
片手剣なら普通に間に合ったりする。

また、回避後即座に斬り上げからコンボに入れるので、
モンスターの攻撃を回避しながら接近し、そのまま切り刻むことも可能。
この辺まで立ち回れば、巷では「火力がない」と言われがちな片手剣も、そうは言わせない火力に変貌する。

サポート充実

更に生存率を上げる要因として、
抜刀中でも唯一アイテムを使用できる点が挙げられる。
いちいち納刀する必要が無い分、隙が小さい。

パーティプレイでは、すぐにアイテムを使える利点を利用して、サポート役にもなれる。
味方のピンチに粉塵を一番素早く使えるのは片手剣であり、味方の生存率も上がる。

その他、スキル「広域」でパーティ全員を解毒したり、攻撃力を上げたりも可能。
もともと片手剣は、他の武器種のように、一撃必殺系の攻撃がなく、器用貧乏になりがちなので、
サポートも含めて、色々な立ち回りをした方が楽しい。

属性0.7倍?

片手剣の武器情報に表示されている属性値は、他の武器種とは違って、
地味に0.7倍という下方補正を喰らっている。

例えば緑ゲージの火属性300の武器で火属性肉質100(軽減無し)のモンスターを攻撃すると、
他の武器種なら属性部分で30のダメージだが、片手剣の場合は21のダメージになってしまう。

もともと手数の多い武器だからだろうか?
最初から調整した数値にしてくれればいいのに。。。
0.7倍化したとは言え、それでも手数が圧倒的多いので、
一撃武器の大剣やハンマーに比べれば属性の恩恵は比べものにならないが・・・

MH4シリーズでようやく、属性の0.7倍下方補正が撤廃され、数値通りの属性ダメージを与えられるようになった。

また属性値自体もMH4では大きめな数値(G級武器最終強化なら属性値400以上はザラ)をもち、
MH3シリーズで冷遇された点は改善されたと言える。

その分、狩猟するモンスターに応じて属性をしっかり使い分けることもまた重要となる。


スポンサーリンク

片手剣の初心者向け立ち回り方

操作は比較的簡単で、適当にボタンを連打しているだけでも、
それなりにコンボになったりする。

しかしXボタンを連打していると、途中で剣盾コンボが入るが、
これは封印すべきモーションとも言える。

前進するため軸がずれ易く、攻撃モーションが長い割には威力は低め、
モーション中は回避も出来ない、2発目はパーティでは味方を吹き飛ばすからである。

ジャンプ斬り始点だと5発目、切り上げ始点だと4発目に当たるので、
このモーションの前にAボタンに切り替えよう。
これさえ意識しておけば、初心者でもお手軽コンボを出すことができる。

抜刀中にアイテムが使えるので、納刀する手間が掛からない。

とは言え、被弾してすぐに回復したいと思っても、回復薬を飲むための隙は生じるので、
モンスターの反撃が来ないタイミングは見極められるようになりたい。

片手剣のパーティプレイでの使い方

パーティでは影が薄いとよく言われてしまう片手剣だが、
仲間のピンチに最速で生命の粉塵を飲むことができ、
「有難う! 助かりました」と感謝されることが多い。

他の味方がそれなりの火力武器を担いでいるなら、
属性や状態異常値で恵まれている片手剣で、

  • 麻痺状態にしたり、
  • 麻痺中にさらに、「ジャンプ斬り→SA落とし穴設置」

でチャンスを拡大したりと、
サポートボウガンほどではないが、それなりに効率よく狩りをすることも出来る。

一応盾攻撃でスタンも狙える。
こちらは剣盾コンボではなく、盾攻撃→バックナックルを使用したほうが狙いやすい。
スタン値はハンマーや狩猟笛には遠く及ばないものの、
頭の位置が片手剣でも届くくらい低いモンスターなら狙えるかもしれない。

パーティで他に打撃の攻撃手段がない中、片手剣単独でスタンを取れば・・・
「おーすげぇ!!」って反応が出ること間違いなし(笑)
かなり上級者向けだが・・・
他の打撃武器の方のサポとしてスタン値溜めるのは良いかもね。

ただ、バックナックル(2発目のみ)は味方を吹き飛ばすので、そこは注意したい。
特に頭は弱点であるモンスターが多く、皆集まってくるので。

よく邪魔される武器

残念なことに、片手剣はジャンプ斬り(MH4以降は突進斬り)にしかスーパーアーマーが付かないので、
大剣に殴られたり、太刀に突かれたり、ランスに轢かれたり・・・
結構こかされやすい武器でもある。

が、間違っても舌打ちなどしてはいけない。
片手剣を担ぐ以上、広い心を持って狩りに臨もう。
慣れてくれば、味方の攻撃をも片手剣の機動力を持って回避出来るようになる。

片手剣のオススメスキル

片手剣向けスキル

砥石使用高速化、業物
切れ味の消耗が激しい片手剣には、よっぽど切れ味ゲージの長い武器でない限り、
どちらかは着けておく方が楽になる。

状態異常攻撃強化

麻痺や毒、睡眠など、状態異常のサポート役になる場合にオススメ。
手数が多く、状態異常値もそこそこに高い武器が多いので、恩恵は大きい。

罠師&ボマー

俗に言うスタイリッシュボマーを行うための必須スキル。
これらは罠や爆弾の調合成功率を100%にもしてくれるので、調合書が不要になったりもする。
またボマーは状態異常「爆破」の蓄積も増やし、手数の多い片手剣には抜群のスキルである。

広域化、早食い+2

パーティプレイでサポートメインでで立ち回る場合にオススメされるスキル。
抜刀しながらでもアイテムを使用できるため、定期的に怪力の種を飲んだり、解毒したり出来る。

回復薬グレートは広域の対象外なので注意したい。(何故か回復薬は大丈夫)
使用速度を更に高める「早食い+2」も便利である。

粉塵でも一瞬で使えるため、パーティに居ると生存率が非常に高くなる。初心者とご一緒する時には大変役立つ。

剣士で(ほぼ)共通オススメスキル

切れ味レベル+1、攻撃力UP、達人、挑戦者、〇〇属性攻撃強化

いずれも与えるダメージを増加させるスキルであり、どの武器種にも効果的なので
真っ先に候補となるスキルである。
また、属性の恩恵が大きい武器種なので、属性強化も視野に入る。

防御系オススメスキル

回避性能、回避距離

片手剣はガードは可能だが、最前線で立ち回る上、メインは回避になるので、このスキルの恩恵は大きい。

回避距離も有効だが、離れすぎて次の突進斬りが届かない場合も!
相手によって使い分けよう。
回避距離自体スキル搭載は結構重いので、他に優先すべきスキルがあるかも?

聴覚保護

どの武器種でも便利なスキル。
相手の咆哮中に攻撃し放題になる。
また金剛体は聴覚保護効果以外に、被弾した時に吹っ飛びを軽くする効果もあるので、
特に太刀に突かれても、尻餅ではなくのけぞりだけで済んだりする。


スポンサーリンク
→次の記事
片手剣の特徴、初心者向け使い方、オススメスキルなど【モンハン】
片手剣の使い方の続き。 ここでは特徴(長所・短所)、初心者向け使い方、パーティプレイでの使い方、オススメスキルについて紹介します。 MHXの片手剣の狩技、片手剣・スタイル別操作
λ... 戻るボタン

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする