弓の特徴、初心者向け使い方、オススメスキルなど【モンハン】

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

弓の使い方の続き。
ここでは特徴(長所・短所)、初心者向け使い方、パーティプレイでの使い方、オススメスキルについて紹介します。
MHXの弓の狩技弓・スタイル別操作方法はリンク先に書きました。

弓はボウガンと違い、弾数に制限はないので、ガンナーの中では初心者の敷居も低いと思われる。

溜め1連射は基本的に弱いので、溜め撃ちが基本。
溜め中はスタミナが減り続けるので、回避を如何に移動で済ませられるかがポイント。

パーティで注意すべきなのは曲射くらいである。
最近は「曲射<<剛射」なのでこの辺もあまり気にならないか?


スポンサーリンク

弓の長所・短所・特徴

性能評価(個人的な評価)

機動力
一発の威力
手数(=属性の恩恵)
切れ味維持
パーティでの貢献度
初心者扱いやすさ
生存率
★★★☆☆
★★☆☆☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★☆☆
★★★☆☆

短所

  • 抜刀時の移動速度は速め。
  • 弓種にもよるが、敵からやや距離を取って立ち回るので、被弾しにくい。
  • ボウガンとは違い矢の本数は無限なので、弾切れの心配はない。
  • Hit数が多めなので、属性の恩恵を受けやすい。
  • 状態異常ビンで麻痺や睡眠などのサポートも出来る。(弓種による)
  • 曲射を使えば、疲労やスタンも狙える。
  • MH4以降は曲射と対である剛射が追加。スタミナは消費するが高火力が出やすい。

短所

  • 納刀速度は遅い。
  • ガードが出来ないので、起き上がり時に攻撃を重ねられると避けられない。
  • ガンナー共通で防御力が低いので、ちょっとのミスが命取りになる。
  • 溜め撃ちがメインなので、スタミナ管理が重要である。
  • 溜めの段階や、モンスターとの距離、弱点部位など考えることが多い。

弓の特徴

機動力がそこそこにあり、やや離れた位置から攻撃できる。
またボウガンとは異なって、矢の本数に制限はないので、弾切れの心配はない。

基本は溜めながら攻撃を回避し、
攻撃の際に、モンスターの部位を目がけて発射するもの。

溜めている間はスタミナを徐々に消費するので、溜めっぱなしと言うわけにも行かない。
(強走薬を飲めば、ずっと溜めっ放しになれる)
溜めはじめてから、手早くモンスターに向けて攻撃することが重要ともいえる。

溜めている途中でも回避は可能だが、溜めがまた最初に戻る上、スタミナも無駄に消費するため、
移動だけで避けられる位置取りを身に着けることが上達のコツである。

基本的には、溜め段階が強くなるほど、威力も上がる傾向にある。
溜め1、つまり【X】連射で撃つことも出来るが、
溜め1の威力は非常に弱く、一部の武器を除いては、溜め撃ちした方が火力が高い。


スポンサーリンク

弓の初心者向け立ち回り方

弓の上達には、次の3つが挙げられる。

  • 適正距離で攻撃を当てる
  • 溜め段階を意識する
  • 弱点部位を極力狙う

ガンナー共通だが、被弾を恐れて大きく距離を取ってしまうのは良くない。

離れすぎると、クリティカル距離を大きく離れすぎて、矢の威力は極端に落ちるほか、
モンスターはこちらが離れると、突進とか遠距離攻撃を出してくるので、かえって危険である。
(モンスターはちゃんとコチラを見てるよ)
ちなみに、クリティカル距離と、遠すぎる距離では威力の差はなんと3倍も変わる。

まずは、モンスター全長分程度の距離以内で、
被弾しないように立ち回れるように練習しよう。この距離がおおよそ適正距離になる。
(回避2回前後ですね。)

弓は基本的に溜め撃ちがメインとなる。
溜め1は【X】連打でパシャパシャ撃てるけど、威力が物理倍率0.4と、とても低く効率は悪い。
実際のダメージは小数点以下切り捨ての箇所があるので、倍率以上にダメージは小さくなる。

属性倍率0.7で属性はそこまで酷くはなく、属性偏重の弓なら溜め1連射も強い。
基本は溜め2以上を撃つことが望ましい。

溜めるとスタミナを消費するため、ずっと溜めっ放しで敵を追いかけるわけにも行かない。
どの位置取りで溜めると無駄に溜め過ぎずに撃てるかを意識していくと良い。

弓には

  • 連射
  • 拡散
  • 貫通

の3タイプがあるが、
とりあえずどれか1つに絞って練習してみよう。
サイズの小さい敵は連射か拡散、サイズの大きい敵は貫通でも良い。

また溜め段階の変化で、↑の射撃タイプが変わらない弓の方が楽。

  • 溜1=連射1
  • 溜2=連射3
  • 溜3=連射4

と連射で統一されてると常に連射の間合いを取る練習ができる。
逆に

  • 溜1=拡散3
  • 溜2=貫通4
  • 溜3=連射4

とかだと溜め段階によってクリティカル距離が変わるので難しい。

弓のパーティプレイでの使い方

基本モンスターから一定の距離を保つので、剣士に妨害されることはあまりない
逆にこちらの射撃では尻餅や吹き飛ばしといった攻撃も少ないので、
特に相手のことはあまり考えなくて良く、相性はいいです。

しかし曲射だけは気を付けるべき。
放散型は、スーパーアーマーの無い近接の領域広範囲を妨害するし、
爆裂型は普通に吹き飛ばす。

よってパーティでは通常射撃の方が良いでしょう。
MH4以降は剛射が強く勧められる。ソロよりも撃てるチャンスが多いし、コチラは味方を妨害しない。

またライトボウガンの状態異常ほど高速ではないものの、
ビンで麻痺や睡眠などサポートできるので、余裕があればやってみよう。喜ばれる。

ちなみに麻痺ビンを使う場合、
麻痺したら、ビンを切り替えれば自動で装着は外れるので、ビンの無駄遣いを抑えることが出来る。
調合分まで持ち込めば、同一モンスでおおよそ2回くらいは麻痺行けると思うし。

弓のオススメスキル

弓向けスキル

集中

溜め1を連打する弓とか、溜め過ぎると弱くなる弓でもない限り、ほぼ全ての弓に効果がある。
溜める速度が1.2倍になるので、相対的に手数が増加する。
まずは「集中ありき」でスキルを構築していきたい。

ランナー、体術、スタミナ急速回復

ランナーは溜め中のスタミナ減少速度を遅くする。
体術は剛射や回避時のスタミナ消費を減少させる。
スタミナ急速回復は、回復速度を高めるため↑両方に効果がある。
スタミナ管理が難しい弓にとっては効果が大きい。スタミナ急速回復が少しだけ発動させやすい。

装填数UP

ボウガンの弾数増加とは全く異なり、コチラは溜め段階を一つ伸ばすことができる。

つまり大半の弓は溜め3までだが、溜め4が打てるようになる。
元々が溜め4まで打てる弓には効果が無い。

絶対必要かと言われると、そうでもない。
溜め3までは微妙な性能だが、溜め4で化ける性能になる場合は発動させたい。
基本的には溜め3の方がダメージ効率は良いので、無理に発動させなくても良いだろう。

ガンナーで(ほぼ)共通オススメスキル

弱点特効、〇〇弾・〇〇矢UP

前者はモンスターの肉質45以上、つまり弱点部位にHitさせた場合のみ火力UPが出来る。
3rdは、会心率+50%補正、3Gは肉質+5としてダメージ計算される。
ちゃんと弱点肉質を理解し、的確に狙えるようになるととても強い。ピンポイントで狙える連射型に適している。

後者は対応する射撃タイプの威力を上げるスキル。
連射・貫通は1.1倍だが(武器倍率200以上だと攻撃大より強い)、拡散は1.3倍と強力すぎます。

攻撃力UP、達人、挑戦者、フルチャージ

一般的な火力増加スキル。
特に物理重視武器なら、これらは恩恵は大きい。
ガンナーは基本被弾しないで立ち回るのが基本なので、フルチャージも発動させやすい。

属性攻撃強化

武器の中には、属性偏重武器もある。500前後あれば十分高属性値である。
この手の武器なら、物理攻撃力を上げるより属性攻撃力を上げた方が効果大である。

防御系オススメスキル

回避距離

回避の移動距離が伸びモンスターの攻撃を避けやすくなるスキル。
それ以外に、回避によってクリティカル距離を取りやすくなる場合もある。
特に貫通はクリティカル距離が長めなので、距離を取るのに便利かもしれない。


スポンサーリンク
λ... 戻るボタン

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする