スキル:乗り(乗り名人)、跳躍(飛燕)の効果。これらは重複する?

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

スキル「乗り、跳躍(飛燕)」の効果、装飾品名、お守り(護石)のポイントについて紹介していきます。

ジャンプ攻撃によるダメージや乗り蓄積値、乗りバトル中のゲージ増加量を変化させるスキル。

  • 乗り」は乗り蓄積値 & 乗りバトル中の蓄積増加
  • 跳躍」はジャンプ攻撃のダメージ増 & 乗り蓄積値微増

と言った効果である。


スポンサーリンク

スキル・乗り、跳躍の装飾品、発動スキル、お守り(護石)

乗り(乗り名人・乗りマスター)

装飾品名

  • 乗慣珠【1】→+2pt

MH4には登場しない。

発動スキル

  • +15pt:乗りマスター(MH4G)
  • +10pt:乗り名人
  • −10pt:乗り下手

お守り(護石)最高pt

  • MH4G:10pt(なぞのお守り)、MH4村最終クエストクリアで入手できる。
  • MHX :10pt(なぞのお守り)

跳躍(飛燕)

装飾品名

  • 飛燕珠【1】→+2

発動スキル

  • +10pt:飛燕

お守り(護石)最高pt

  • MHX :pt(お守り)

スキル・乗り、跳躍の効果

双方、少し似たようなスキル効果なので、混同しないように区別していく。

乗り(乗り名人・乗りマスター)

MH4より登場。

ジャンプ攻撃時における、

  • 乗り値(特殊ダウン込み)蓄積の増加
  • および、乗りバトル時のハンター側のゲージ蓄積量の増加

の2つの効果がある。

乗り名人は、共に1.25倍
MH4Gで登場した乗りマスターは1.5倍の増加である。
マイナス側の乗り下手は0.9倍。結構マイルドな倍率に留まっている。

MH4・4Gでは・・・

  • 段差が無くても、いつでもジャンプ攻撃を繰り出せる操虫棍
  • 突進からのジャンプ突きで、段差不要で乗れるランス
  • 段差があれば、一度に2Hitジャンプ攻撃を当てられる片手剣

が他の武器種に比べて乗りやすく、当スキルの恩恵も大きい。

乗りが実装された作品でもあるからか、
同じ状態異常である麻痺スタンに比べると、乗りは同一のモンスターから複数回決めやすい。

当スキルの発動があれば、更にプラス1回くらいは多く乗れるかも知れない。

もう一つの乗りバトル時の効果だが…
当スキルの発動が無くても、ある程度正確に「攻撃⇔しがみつき」を行えば、大抵成功する。

よってそこまで便利か? と言われると、そうでもない。
多少ミスしても、失敗はしにくくなるので便利と言えば便利だが…

MH4では装飾品が存在せず、発動する防具も少なかったため、実質お守りで発動することが殆どであった。

しかし、お守りのスキルポイントは最大10pt(しかもイベントで入手できる)ため、発動自体は容易。

MH4Gでは装飾品が登場。しかも1スロ2ptと軽い。

スキルの自由度も高い作品であり、乗りマスターの発動もそれほど難しくない。

MHXでは・・・

本作では、乗りマスターは存在しない。乗り名人のみ発動。

またエリアルスタイルの登場により、どの武器種でもそれなりに乗る機会が増えたため、武器種を選ばずに一定の需要はある。
元々乗れる操虫棍は、エリアルで更に特化されている。)

ただし、敵の乗り耐性値・耐性上昇は、MH4・4Gに比べると多めで、
何度も手軽に乗れる、という訳ではない。

乗り名人があっても無くても、同一モンスターに2回も乗れれば良い方、3回目はなかなか大変と言える程で、当スキルがそこまで便利とは言い難い…

一方で、乗りバトル時のゲージ増加効果は…

  • 二つ名持ちモンスター
  • 牙獣種
  • アルバトリオン

ではかなり役立つ。

二つ名持ちモンスターは、乗りの抵抗が強い
暴れ時にしがみ付かないと、猛烈な勢いで敵側のゲージが迫ってくる。
少しでも入力をミスると、失敗しやすいのである。

意外にも失敗しやすいのが、アオアシラウルクススラングロトラ等の牙獣種。
たかが牙獣種と思うなかれ、彼らは「3連続暴れ」を割と高めの確率で行ってくる。(特に怒り時)
ゴリ押ししようと連打すると、失敗しやすい。

その両方を兼ね揃えた乗りバトル最高難度なのがアルバトリオン
完璧に入力できても、運が悪いと失敗することもあるため、確実に成功させるためには必須級のスキルになる。

MHXでも装飾品は存在する。引き続き1スロ2pt。
スキルの自由度は低い作品ではあるが、発動は簡単だろう。


スポンサーリンク

跳躍(飛燕)

MHXで登場したスキル。

こちらの効果は…

  • ジャンプ攻撃の物理ダメージ増加
  • 乗り値(特殊ダウン)の蓄積量増加

になっている。

増加量は両方とも1.1倍。マイナススキルは無い。

乗りに関しては、蓄積量が僅かに増加するのみで、乗りバトル中のゲージ増加には効果が無い。

よって、ジャンプ攻撃が得意であるエリアルスタイルにオススメされる。

中でも、地上の性能が低く、ジャンプ攻撃にかなりのウエイトを置いている、エリアル大剣は必須級スキルになる。

大剣のダメージ源は物理ダメージであることが多く、当スキルに噛みあっているとも言える。

こちらも1スロ2ptと軽いので、発動は容易。
MHXで初登場のドスマッカォ素材で発動出来たりする。(よく跳ねる奴だしw)

ネコの乗り上手?

こちらは、ジャンプ攻撃時に乗り値蓄積を1.1倍(?)にする効果。
食事スキルの方にも書いてます)
つまりのところ、飛燕の乗り値蓄積部分の効果である。

ここで挙げた、

  • 乗り(乗り上手)
  • 跳躍(飛燕)
  • ネコの乗り上手

重複が可能である。

ただし、MHXでの最高倍率は1.4倍まで。全て発動させた場合は頭打ちになるので注意したい。

オススメされる武器種、対モンスター、状況などのまとめ

ジャンプ攻撃を行うことが前提になるため…

  • MH4・4Gでは操虫棍、ランス、片手剣
  • MHXではエリアル大剣(飛燕)
  • 二つ名持ちモンスターや牙獣種、アルバトリオン(乗り上手)

辺りで、効果を発揮するだろう。


スポンサーリンク
→次の記事
スキル「回避性能、回避距離」の効果、装飾品名、お守り(護石)のポイントについて紹介していきます。 回避性能:回避行動の最初に発生する無敵時間の延長 回避距離:回避、
λ... 戻るボタン

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする