スラッシュアックスの使い方、操作方法、コンボ図、モーション値をまとめた!

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

スラッシュアックスの操作方法と、主な攻撃の特徴を書いていくよー
ここではコンボ図、各攻撃の特徴、モーション値、オススメコンボについて紹介します。
MHXのスラッシュアックスの狩技スラッシュアックス・スタイル別操作方法はリンク先に書きました。

  • そこそこの機動性とリーチに優れる斧モード
  • 機動力を犠牲に火力と定点攻撃を重視した剣モード

を変形しながら扱う武器。
ガード出来ないため生存率はやや低めだが、操作自体は割と簡単で、初心者が慣れやすい武器種でもある。


スポンサーリンク

スラッシュアックスのモーション値

モーション名 威力 備考
斧・横斬り(抜刀攻撃) 23
斧・縦斬り 40
斧・斬り上げ 28 上空かっ飛ばし注意
斧・振り回し 24×n n=Hit数
斧・振り回しフィニッシュ 57
斧・突進斬り 19
斧・ジャンプ斬り 40
斧→剣・変形斬り 30 威力は同じ。ゲージ4消費
剣・縦斬り
剣・斬り上げ 25 ゲージ4消費
剣・横斬り 25 ゲージ4消費
剣・二連斬り 64 2Hit・28+36、ゲージ4消費
剣・属性解放突き 28 味方吹き飛ばし注意。ゲージ11消費
剣・属性解放突き・連打 78 最大6Hit。13×6、ゲージ6(3×2)消費
剣・属性解放簡易フィニッシュ 50 味方吹き飛ばし注意。ゲージ20消費
剣・属性解放フィニッシュ 80
剣・ジャンプ斬り 30 縦斬りと同じ、ゲージ4消費

スラッシュアックスコンボ図

guild5

斧モード
スラッシュアックス(斧モード)の使い方、操作方法、コンボ図、モーション値をまとめた!

剣モード
斬れ味黄以上で、全て弾かれ無効
スラッシュアックス(剣モード)の使い方、操作方法、コンボ図、モーション値をまとめた!

※1 ジャンプ斬り
斧抜刀時、空中で【R】入力で剣変形・縦斬り
【X+A】入力で属性解放突きが繰り出せる。

※2 横斬り
剣モードからの変形斬りもこれと同じモーション。コンボの繋ぎも一緒。

※3 斧⇔剣変形
斧モード時、スラッシュゲージが42%以下だと、リロードになる。

※4 ジャンプ斬り(剣)
剣モードの縦斬りに似たモーションでジャンプ攻撃できる。
納刀時、スラッシュゲージが42%以下だと、ジャンプしつつリロードする。陸上よりも若干隙が短い

※5 斧変形・横斬り
斧モードに変形しつつ攻撃する。モーションは横斬り(斧)と一緒でそのまま派生可能。

※6 縦斬り
コンボとして繋いだ場合、パッドを前に入力しておくと若干前進して縦斬りを行う。
納刀状態から直接剣モードで攻撃できる。変形時にスラッシュゲージが42%以下だとリロードを行う。(REROADの文字が出ている)


スポンサーリンク

スラッシュアックス・主な攻撃の特徴

斧・横斬り(=剣からの変形斬り)

抜刀攻撃からでも繰り出せるモーション。
こちらから見て、右側半分を水平に斬る。左側にはほぼ当たらない。
動作自体は短めなので、短い隙にコツコツ当てていくことになる。

斧・縦斬り

振りかぶって前方を両断するモーション。
隙はやや大きいが威力が大きい。

斬り上げから派生させると、振り上げた武器をそのまま振り下ろす形になるため隙が短くなる。

斧・斬り上げ

自身の右側、足元当たりから上方に向かって斧を振り上げる。振り上げまでの動作は早め。
かなり高い位置まで判定があり、尻尾切断はほぼ全てのモンスターで問題なく行える。

当たり判定は右足元辺りから発生するので、
高所を狙う場合は低所で吸われないように立ち位置を考える必要がある。

空ばっか飛んでいる赤や銀の王者を分からせる攻撃。

先述の通り、斬り上げから縦斬りに派生させると、隙が短くなるため連携としてはオススメ。
ソロでは非常に扱いやすい。

しかしパーティプレイでは、味方に当たると空高く吹っ飛ばす
攻撃自体の長いリーチ攻撃が逆に迷惑を掛けないように注意したい。

振り回しに派生するには、斬り上げから派生させるしかない
振り回しは主にモンスターの拘束時に連続Hitを狙っていく目的で使用するが、
そのチャンスに味方を妨害しないようにしたい。ソロでは全く気にならないが。

MH4以降では回転回避後に【X】でこれが出せるようになり、隙が減った。

斧・振り回し

斬り上げ後に繋げられ、【A】連打によって左右に振り回し多段Hitを狙える攻撃。
振り回す度にスタミナを消費し、スタミナが切れるとコンボ終了となる。

スキル「体術」で減少量を抑えられる他、強走薬を使えば効果が切れるまで永久グルグルできる。

振り回し中に【B】で回避に派生できるが、振り終えてから回避するので少し遅れる点に注意したい。
偶数回振ったあとに受け付ける。
その他【X】で縦振りに、MH4以降は【R】で後述の振り回しフィニッシュに派生できる。

パーティでは、直前の斬り上げで吹っ飛ばしたり、
振り回し自体が左右広範囲に判定があるため、SAのない味方が居る時はなおさら使用に注意が必要。

ただ拘束中に上手く振り回しが決まると、
時間あたりの与ダメージはとても高いので、上手く狙って行きたい。

斧・振り回しフィニッシュ (斧→剣・変形斬り)

先ほどの振り回しから【R】で繋げられる、MH4以降の新モーション。
前進しつつ、斧を一周大きく振り回すため、範囲はとても広い。

その分味方を妨害しやすいので、ご利用は計画的に。
斧モードでは最高火力。

ここから更に【R】で「変形斬り」に繋げられる。

斧・突進斬り (斧→剣・変形斬り)

抜刀状態から【パッド前+X】で繰り出せる。
距離が少々空いている時はこれで詰めながら攻撃できる。

威力は弱いが、隙が小さく癖がないので扱いやすい。

突きから【R】で変形斬りが出来る。
抜刀状態からダメージを与えつつ剣モードに切り替えられる。

ジャンプ斬り

他武器種同様。空中で【X】入力でジャンプ攻撃を繰り出せる。

斧・剣どちらでも出せる。納刀時なら、【X】で斧、【R+X+A】で剣に変形しながら斬る。
抜刀時は現モードの方で斬るが【R】で変形しながらジャンプ斬りできる。

リロード(ジャンプリロード)

斧→剣モードに変形する際に、スラッシュゲージが45%以下の場合は変形ができず、
その場でリロードするモーションになる。

リロードによってゲージは40程回復できる。
変形斬りをしようと思ったら「ゲージ不足で、出来ませんでした」となる事故が結構多い。

画面左上のゲージを見ると、
ゲージ不足時は「REROAD」の文字が表示されているので、見落とさないように。
いやついつい暴発してしまうんだなw

ちなみにジャンプ中にゲージ不足で変形斬りを行うとジャンプリロードになる。
コチラの方が陸上リロードよりも隙が少ない。

剣・縦斬り

剣モードのメイン攻撃。
上から下にビンのエフェクトと共に両断する。

縦斬りなので、味方を妨害しにくく、モーションも癖がなく扱いやすい。
パッドを前に倒しておくと、ハンター1人分くらい前進して攻撃する。

剣・斬り上げ

縦斬りとは反対方向に振り上げる攻撃。斬り上げとセットで用いることが多い。
こちらは【特殊】パネルを押せば、コンボ初動で出すこともできる。
斧モードと同じ斬り上げだが、こちらは味方を吹っ飛ばさないので安心してほしい。

斬り上げ後、縦斬りに派生すると、
振り上げた剣をそのまま振り下ろすためか、出がかなり速い。

MH3Gまでは【X】連打で良かったが、MH4以降は【X】→【A】と交互に入力する必要がある。
MHXでは再び【X】連打で良くなった。

剣・横斬り

コチラから見て、左→右と薙ぎ払う攻撃。
MH4では【X】連打すると「縦斬り」→「横斬り」→「二連斬り(下参照)」のループになる。

横斬りから【R】で斧に変形攻撃ができる。
ゲージが無くなりそうでも変形してそのまま斧で攻められる。

「縦斬り」、「斬り上げ」に比べて横にリーチがあるので、SAのない味方は妨害することもある。
パーティの武器構成には気を付けておきたい。

剣・二連斬り

MH4で実装されたモーション。
横斬りの後に【X】で繰り出せる、コンボ専用攻撃。平べったいXの字に2回斬る。

2回攻撃するが、ゲージの消費量は「縦斬り」「斬り上げ」「横斬り」と同じ4なので、
ゲージの節約になるほか、これ自身の火力は結構高い。

定点攻撃には若干不向き。
二連斬り時にほんの少し前進するので、ひたすら斬る場合は軸合わせが必要になる。
リーチは上方向はショボイので高所狙いにも向いていない。

【R】で斧に変形攻撃もできる。
また【X+A】で他のモーションよりも早く、後述の属性解放突きに派生できる。

属性解放突き→連撃→フィニッシュ

【X+A】でビンの力を解放した突きを出すことができる、スラッシュアックスの象徴ともいえる攻撃。
と言っても、突きのみで終了するのでは効率が悪い。
(ゲージ11消費するし、味方吹っ飛ばすし、モーション値も28と縦斬りに毛が生えた程度)

基本的には【X+A】で属性解放突き。
その後【X】を連打して、属性解放突き・連撃に派生させることになる。
最後まで連打することで、属性解放突き→連撃(6Hit)→属性解放フィニッシュ(爆発)とつながる。

連撃は多段Hitのため属性ダメージを稼ぎやすく、最後の爆発はモーション値80と高威力。

ちなみに全段Hitすると、モーション値合計は28+13×6+80=196となる。なかなか強い。
その分ゲージも全部で37と大きく消費する。

連撃部分で、パッド後を入力すると、6Hitよりも少ない段階でフィニッシュできる。

こちらは簡易フィニッシュであり、最後の爆発のモーション値も50と弱くなるが、
モンスターがまもなく反撃してくるから、早めに離脱したい時には使える。

剣・ジャンプ斬り

剣抜刀のまま回避で段差ジャンプ中に【X】もしくは、納刀ジャンプ中に【R+X+A】で剣モードの状態でジャンプ攻撃を行える。

剣モード主体で戦う場合、納刀状態からいきなり剣モードでスタンバイでき、乗り蓄積もできる。
ただし、リーチは斧に負ける。

スラッシュアックスのオススメコンボ

斧・突進斬り【パッド+X】→斧・縦斬り【X】

モンスターの背後から突進斬りで距離を詰め、そのまま縦斬りに派生する。

縦斬りは大振りなモーションだが、モンスターが振り向くタイミングを把握すれば、
弱点であるモンスターが多い、頭に当てることも可能。
突進斬りはそれほど強くないが、縦斬りの威力はかなり高い。

斧・斬り上げ【X+A】→振り回し【A連打】・・・振り回しフィニッシュ【R】→剣・変形斬り【R】

モンスターの拘束、転倒時に絶大な威力を発揮する。

振り回しの前に必ず「斬り上げ」を挟むので、パーティプレイでは慎重に。
振り回しに派生すれば、スタミナが切れるまでずっと振り回せる。

MH4からは振り回しから【R】を入力することで、
武器を大きく振り回す振り回しフィニッシュに派生できるようになった。威力も斧モード最強である。
更に【R】で変形斬りが可能。これで「突進斬り」含め、抜刀状態から2通りの変形斬りが可能になった。

剣・縦斬り(踏み込み斬り)【X】→剣・斬り上げ【A】→以下ループ

MH3Gから操作方法が変わっており、MH4シリーズでは、
【X】で縦斬り→【A】で斬り上げ・・・と【X】【A】の交互入力になった。
過去作で慣れている人は注意したい。

斬り上げ→縦斬り間の隙が短く、定点攻撃に向いている。

縦斬りの際、パッドを前に倒していると、少しだけ前進して縦斬りを行う。
ハンター1人分くらい詰められる。
パッドを左右に入力しておくと、少しだけ攻撃の軸をずらせる。

剣・縦斬り→剣・横斬り→剣・二連斬り・・・以下ループ

MH4以降では、剣モードで【X】連打するとこちらのモーションになる。
上記「縦斬り」→「斬り上げ」ほど定点攻撃ではなく、二連斬りで若干前進するものの、
そこまで移動するわけではなく準定点攻撃のような感じ。

ちなみに時間火力はコチラの方が高く、最後の二連斬りも消費するスラッシュゲージは1振り分だけ。

「横斬り」と「二連斬り」の上方向のリーチは期待できないので、
高所狙いなら上記「縦斬り」⇔「斬り上げ」ループの方が良い。

剣・二連斬り【X】→属性解放斬り【X+A】

他のモーション(もしくは抜刀棒立ち状態)からよりも、属性解放斬りの動作が速い。

他は「一旦武器を引いてグサリ」、だが、こちらの連携は「二連斬り→そのままグサリ」な感じ。
モンスターを拘束した時などの、コンボの締めにどうぞ。

剣・二連斬り【X】→斧・変形斬り【R】

二連斬り後は【R】で斧モードに変形することもできる。
直前の横斬りからも変形可能なので、ゲージや敵の動きに合わせて使い分けよう。

斧・突進斬り【X】→剣・変形斬り【R】

抜刀状態で、相手を攻撃しつつ剣モードに変更するコンボ。

変形は【R】単独でも行えるが、コチラは攻撃ではないので、
手数も加えたいし、剣モードでぶった斬りたい時には効果的。

剣・横切り→斧・変形斬り【R】

剣モードでゲージが無くなりそうだけど、コンボはまだ続いている。。。
なんて時には、ゲージ切れまで振り回していると隙が出来るので、
ゲージが無くなる直前には、変形させてそのまま斧で追撃、という手段もあり。


スポンサーリンク
→次の記事
スラッシュアックスの使い方、操作方法、コンボ図、モーション値をまとめた!
スラッシュアックスの操作方法と、主な攻撃の特徴を書いていくよー ここではコンボ図、各攻撃の特徴、モーション値、オススメコンボについて紹介します。 MHXのスラッシュアックスの狩
λ... 戻るボタン

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする