【MHX】大剣のスタイル別操作方法、コンボ、モーション値|ギルドが安定??

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

MHXにおける、大剣の操作方法、コンボ図、モーション値について紹介していきます。
ギルド、ストライカー、エリアル、ブシドースタイル操作方法を個別に書いてます。
参考)MH4G:大剣の使い方はコチラ

個人的には、

  • チャンスタイムの多いパーティプレイでは溜め斬りフルコンボが使えるギルド、
  • 狩技3つ&溜め過ぎの心配がないストライカー
  • 必須スキルが軽く、序盤から結構使いやすいエリアル。
  • 被弾が多い人は保険としてブシドーで

って印象ですかね。

狩技が少々癖があるので、ぶっちゃけ絶対回避が強い気もする。
ギルドやストライカーなら、絶対回避【臨戦】も付ければ、回避、斬れ味管理共に安定するし。


スポンサーリンク

ギルドスタイル

MH4Gとの違い

基本的にはMH4Gの操作方法と同じ。

通常の強溜め斬りが使えるのはギルドスタイルだけである。
パーティプレイではモンスターを拘束できる機会も多いため、フルコンボが出せるギルドは相性が良い。

ただし、一部の攻撃はモーション値が変更されている。

大剣・ギルドの使い方?

狩技は2個装備できるが、大剣の狩技は他の武器に比べてクセがある。

  • 溜めが非常に長く、最大火力を出すにはモンスターの攻撃を受けないといけない「震怒竜怨斬」
  • 次の一撃が強くなるが、外しても、溜め中に被弾しても無駄撃ちに終わるため、運要素の高い「獣宿し【獅子】」
  • シンプルなモーションだが、斬り上げの刀身部分は味方をかっ飛ばしてしまう「地衝斬」

候補となる狩技の組み合わせは…
「獣宿し【獅子】」+「震怒竜怨斬」
獣宿しで火力を高めて、超火力の震怒竜怨斬で強烈なダメージをぶちかます。

あるいは、「絶対回避」+「絶対回避【臨戦】」
抜刀切り⇔納刀がメインの大剣だが、絶対回避は回避しつつ納刀も出来るため心強い。

臨戦があれば、たとえ最大斬れ味が10しかない武器でも、上手く発動していけば、砥石一切不要で最大斬れ味を維持できる。

大剣・ギルドの操作方法

guild2

【MHX】大剣:ギルドの操作方法

※1
納刀時は【X】だけを短く押すと、抜刀しかしない。
【X】長く押すと、そのまま溜め斬りになるが、大剣を振り回す分モーションがやや長くなる。
パッドを軽く前に倒して【X】を短く押せば、隙の小さい抜刀斬り、長押しでも隙の小さい溜め斬りが可能になる。

※2 
強薙ぎ払いは直前の強溜め斬りの溜め段階によって威力が変わる。
強溜め0→強薙ぎ払い0、強溜め3→強薙ぎ払い3と言った具合。
ジャンプ斬りから派生させた場合は強薙ぎ払い2の威力になる。薙ぎ払いに派生できるが、隙は結構長い。

ストライカースタイル

ギルドとの違い

基本的にはMH2Gの仕様に近い。
強溜め斬りと、強薙ぎ払いが使用出来なくなっている。
要するにチャンス時には溜め3→横殴りor薙ぎ払い→溜め3・・・のループになる。

溜め斬りは、溜め過ぎによる威力低下がなく、最後まで溜めても溜め3の火力が出せる。

大剣・ストライカーの使い方?

狩技は3つまで装備できる。
ギルドで紹介した候補に、もう一つ狩技を装備できる。

ソロでは拘束できる機会がパーティより少ないので、ストライカーも一応候補になる?

大剣・ストライカーの操作方法

guild2

【MHX】大剣:ストライカーの操作方法

※1
納刀時は【X】だけを短く押すと、抜刀しかしない。
【X】長く押すと、そのまま溜め斬りになるが、大剣を振り回す分モーションがやや長くなる。
パッドを軽く前に倒して【X】を短く押せば、隙の小さい抜刀斬り、長押しでも隙の小さい溜め斬りが可能になる。

ストライカーでは溜め過ぎによる威力減衰がなく、溜め3の威力で攻撃できる。


スポンサーリンク

エリアルスタイル

ギルドとの違い

抜刀斬りが、前方に軽くジャンプしつつ斬りかかる「飛び込み斬り」になる。
威力は同じだが、乗り蓄積ができ、弾かれ無効という利点がある。乗り蓄積量は少ないが。

前方に進む分リーチも長く、ジャンプ攻撃扱いなので、スキル「乗り」や「飛燕」の効果がある。
この後の理由により、エリアル大剣はジャンプ攻撃を行う機会が非常に多く、↑のスキルは恩恵が非常に大きい。

大剣・エリアルの使い方?

空中戦特化のエリアルスタイルだけに地上では、
大剣の18番である、溜め斬り、強溜め斬り、強薙ぎ払いが全く使用できない。

代わりに空中で溜め斬りができるようになり、その溜め速度は異常に速い。
普通の高さで踏みつけ跳躍しても、着地する頃には溜め3まで行ける程である。
なお、スキル「溜め短縮」で更に高速化するが、無くてもあまり問題ない。
ただし、地上の溜め3に比べると威力は控えめになっている。

また、ジャンプ溜め斬り後は、「強薙ぎ払い」に派生できるが、
溜め斬りの段階に関係なく「強薙ぎ払い2」が出るようになっている。

MHXではスキルの自由度があまり高くないので、
他スタイルでは発動が重たくほぼ必須とされる「抜刀会心」「溜め短縮」がほぼ不要で、代わりに「飛燕」が欲しくなる。

後者の方が明らかに軽く、序盤からも難なく使って行けるスタイルである。

ほぼジャンプ攻撃主体になる分、一撃の乗り蓄積は少な目だが、
それでも1体のモンスターに2回くらいは普通に乗れるのでチャンスタイムもそれなりにある。

序盤に多いサイズが小さ目のモンスターや部位、すばしっこいモンスターはやや苦手か。

大剣・エリアルの操作方法

guild2

【MHX】大剣:エリアルの操作方法

※1
踏みつけ跳躍後に出せるほか、段差を飛び越えた時もジャンプ溜め斬りに派生させられる。

※2
ジャンプ溜め斬りの溜め段階に関係なく、強薙ぎ払いは2の威力になる。
ジャンプ斬りから派生させた場合も、強薙ぎ払い2の威力になる。
いずれも薙ぎ払いに派生できるが、隙は結構長い。

※3
前方回避はエア回避になる。
被弾時の「吹き飛び小(受け身あり)」からの回避に繋げた場合は通常回避になる。

ブシドースタイル

ギルドとの違い

ジャスト回避を成功させることで、そのままパワーダッシュへ、
そこから「ダッシュ斬り上げ」→更に「高速強溜め斬り」に派生させられる。

ダッシュ斬り上げは通常の斬り上げより出が速く、溜め斬りも名前の通り溜め速度が非常に速い。

代わりに、強溜め斬り、強薙ぎ払いは使用できなくなっている。
ただ、ジャンプ斬り後の派生として、「強薙ぎ払い2」を出したり、
「高速強溜め斬り」の派生で「強薙ぎ払い」を出すことは出来る。

大剣・ブシドーの使い方?

大剣は「抜刀(溜め)斬り→回避→納刀」がワンセットであることが多いが、

回避の段階でどうしても被弾してしまう場合に、ジャスト回避で往なすことで生存率を上げられる。

ジャスト回避後、高速強溜め斬りは威力が高いものの、斬り上げを挟む必要があるため、
むやみに出しても、空振りしたり、返り討ちにされるだけである。
モンスターの動きはよく観察したい。

大剣・ブシドーの操作方法

guild2

【MHX】大剣:ブシドーの操作方法

※1
納刀時は【X】だけを短く押すと、抜刀しかしない。
【X】長く押すと、そのまま溜め斬りになるが、大剣を振り回す分モーションがやや長くなる。
パッドを軽く前に倒して【X】を短く押せば、隙の小さい抜刀斬り、長押しでも隙の小さい溜め斬りが可能になる。

※2 
強薙ぎ払いは直前の強溜め斬りの溜め段階によって威力が変わる。
強溜め0→強薙ぎ払い0、強溜め3→強薙ぎ払い3と言った具合。
ジャンプ斬りから派生させた場合は強薙ぎ払い2の威力になる。薙ぎ払いに派生できるが、隙は結構長い。

※3
コンボ最中でも回避の入力受付が可能ならジャスト回避可能。パッド入力による横回避でもOK

モーション値(全スタイル)

溜め斬りには斬れ味補正が掛かるため、弾かれにくくなる。
大剣は刀身の中程でHitすると、1.05倍の斬れ味補正が掛かる。

モーション名 威力 備考
縦斬り(抜刀斬り) 48 溜め0も同威力
薙ぎ払い 32 横回避から派生の場合、威力18
斬り上げ 44 上空吹き飛ばし注意
横殴り 18 打撃属性。減気・スタン値22
連携専用
溜め斬り1 71 属性値120% モーション値65×斬れ味補正1.1
溜め斬り2 96 属性値150% モーション値80×斬れ味補正1.2
溜め斬り3 130 属性値200%  モーション値100×斬れ味補正1.3
溜め過ぎ 96 最後まで溜めるとコレになる。溜め2と同威力。
属性値150% モーション値80×斬れ味補正1.2
ストライカーは溜め過ぎにならない。
強溜め斬り0 52 斬れ味補正は無し。
 強薙ぎ払い0 48 斬れ味補正は無し。
強溜め斬り1 79 属性値180%  モーション値72×斬れ味補正1.1
 強薙ぎ払い1 57  モーション値52×斬れ味補正1.1
強溜め斬り2 108 属性値225%  モーション値90×斬れ味補正1.2
 強薙ぎ払い2 72  モーション値60×斬れ味補正1.2
強溜め斬り3 156 属性値300%  モーション値120×斬れ味補正1.3
 強薙ぎ払い3 104  モーション値80×斬れ味補正1.3
ジャンプ斬り 48 心眼。乗り蓄積大
派生の薙ぎ払いは強薙ぎ払い2になる。
エリアルスタイル専用
飛び込み斬り 48 心眼&乗り蓄積小
ジャンプ溜め斬り0 48 心眼&乗り蓄積中
斬れ味補正無し。
ジャンプ溜め斬り1 62 心眼&乗り蓄積中
モーション値57×斬れ味補正1.1
ジャンプ溜め斬り2 79 心眼&乗り蓄積大
モーション値66×斬れ味補正1.2
ジャンプ溜め斬り3 97 心眼&乗り蓄積大
モーション値75×斬れ味補正1.3
ブシドースタイル専用
ダッシュ斬り上げ 50 上空吹き飛ばし注意
高速強溜め斬り0 52 斬れ味補正は無し。
 強薙ぎ払い0 48 斬れ味補正は無し。
高速強溜め斬り1 79 属性値180%  モーション値72×斬れ味補正1.1
 強薙ぎ払い1 57  モーション値52×斬れ味補正1.1
高速強溜め斬り2 108 属性値225%  モーション値90×斬れ味補正1.2
 強薙ぎ払い2 72  モーション値60×斬れ味補正1.2
高速強溜め斬り3 156 属性値300%  モーション値120×斬れ味補正1.3
 強薙ぎ払い3 104  モーション値80×斬れ味補正1.3

ちょっとした検証

溜め斬りには属性補正が掛かるが、従来シリーズでは

  • 溜め1:1.2倍
  • 溜め2:1.5倍
  • 溜め3:2.0倍
  • 強溜め1:1.8倍
  • 強溜め2:2.25倍
  • 強溜め3:3.0倍
  • 強薙ぎ払いは一律1.0倍

と言われてきた。

しかし、σ(・・)のとある友人が検証した結果、これと違う結果が出たようだ。

調査方法を簡単に言うと、
全体防御率95%のズワロポス(体力160)の胴体に無属性・氷属性の同攻撃力武器で攻撃し、
残る体力を爆弾や石ころ(1ダメ)で精密に計測したそうだ。

その結果がコレ

  • 溜め1:1.1~1.2倍
  • 溜め2:1.2倍
  • 溜め3:1.4倍
  • 強溜め1:1.6倍
  • 強溜め2:1.8倍
  • 強溜め3:2.2~2.25倍
  • 強薙ぎ払い1:1.65~1.7倍
  • 強薙ぎ払い2:1.8倍
  • 強薙ぎ払い3:2.2~2.25倍

全体的に、溜め斬り・強溜め斬りの属性値が弱体化し、強薙ぎ払いに補正が実装(強化)された。

今作の物理においては、強溜め斬りは過去作よりモーション値が高く、強薙ぎ払いは低めなので、それの調整がなされたのかもしれない。

公式発表ではないので、正確かどうかはお友達サンの検証次第だったりもするが、
精密に怯み計算をされる方で、従来のダメージ計算でおかしいと感じた方は検討する価値あるかも知れない。


スポンサーリンク
→次の記事
太刀の狩技(桜花気刃斬、錬気解放円月斬り、鏡花の構え)、モーション値、出し方
太刀の狩技とそのモーション値、習得するための出し方を紹介していきます。 発動が比較的楽で、手軽に錬気を強くできる「桜花気刃斬り」 一定時間気刃斬りを無限に撃てる「錬
λ... 戻るボタン

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする