スキル:火・水・雷・氷・龍属性攻撃の効果。お守りの数値も結構大きい?

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

スキル「火・水・雷・氷・龍属性攻撃」の効果、装飾品名、お守り(護石)のポイントについて紹介していきます。
スキル「属性攻撃」もここで扱います。

武器の属性値(属性弾)を強化するスキル。
5し、さらに強化段階+1と+2(MH4・4Gは+3)が存在する。
増加量はシリーズによって少し異なる。


スポンサーリンク

スキル・火・水・雷・氷・龍属性攻撃の装飾品、発動スキル、お守り(護石)

装飾品名

  • 火炎珠【1】→火属性攻撃+1
  • 火炎珠【2】→火属性攻撃+3
  • 流水珠【1】→水属性攻撃+1
  • 流水珠【2】→水属性攻撃+3
  • 雷光珠【1】→雷属性攻撃+1
  • 雷光珠【2】→雷属性攻撃+3
  • 氷結珠【1】→氷属性攻撃+1
  • 氷結珠【2】→氷属性攻撃+3
  • 破龍珠【1】→龍属性攻撃+1
  • 破龍珠【2】→龍属性攻撃+3

発動スキル

  • +20pt:〇〇属性攻撃強化+3
  • +15pt:〇〇属性攻撃強化+2
  • +10pt:〇〇属性攻撃強化+1
  • −10pt:〇〇属性攻撃弱化

〇〇に各種属性が入る。+3はMH4・4Gのみ

お守り(護石)最高pt

  • MH3G:9pt(天の護石)
  • MH4G:14pt(天の護石)
  • MHX :13pt(龍の護石)

スキル・属性攻撃の装飾品、発動スキル、お守り(護石)

装飾品名

  • 属攻珠【1】→+1
  • 属攻珠【3】→+4

発動スキル

  • +10pt:属性攻撃強化
  • −10pt:属性攻撃弱化

お守り(護石)最高pt

  • MH3G:5pt(天の護石)
  • MH4G:6pt(天・奇跡の護石)
  • MHX :5pt(龍の護石)

スポンサーリンク

スキル・火・水・雷・氷・龍属性攻撃の効果

武器の属性値と属性弾の威力を高めるスキル。
の5属性が存在し、いずれも属性が異なるだけで効果は同じ。

シリーズによって上昇の度合いが異なるが、基本的に倍率上昇は存在するため、元々の属性値の高い武器ほど上昇量は大きくなる。

MH4G辺りから、護石のスキルポイントが10を超えるものが出土するようになり、発動はそこそこ楽になった。

と言うより、防具で該当のスキルを持つものはあまり多くないので、護石や装飾品メインで発動する方が多いだろう。

なお、ガンランスの砲撃や、ボウガンの徹甲榴弾、拡散弾は火属性を持っているが、
火属性攻撃強化で強くすることは出来ない。

スキル・属性攻撃の効果

こちらは発動するだけで、5属性全てが強化される。
と言えば強力に見えるが、

実際は、

  • 複数の属性弾を扱えるボウガン
  • 双属性を持つ双剣

くらいしか使い道はない。
(双属性双剣はそもそも使い勝手が良くないし…)

一部シリーズを除いて、↑の各種属性攻撃と重複することは可能。ただし上限は有るようだ。

シリーズ毎の変遷

MHP3

  • 〇〇属性攻撃強化+2:1.2倍
  • 〇〇属性攻撃強化+1:1.1倍
  • 〇〇属性攻撃弱化:0.75倍
  • 属性攻撃強化:1.1倍(ボウガンのみ1.2倍)
  • 属性攻撃弱化:0.9倍

MHP3では、「〇〇属性攻撃強化」と「属性攻撃強化」は重複可能で、純粋に掛け算によって倍率が決定した。

これらを両方発動させるW属性速射ライトボウガンと言う構築が有名だった。

その倍率は1.44倍と破格の性能。
パーティプレイで皆がこれを行うと、あの金銀ですら、電撃弾水冷弾の速射であっという間に沈むほど。

MH3G

  • 〇〇属性攻撃強化+2:1.2倍
  • 〇〇属性攻撃強化+1:1.1倍
  • 〇〇属性攻撃弱化:0.75倍
  • 属性攻撃強化:1.2倍
  • 属性攻撃弱化:0.9倍

MHP3のW属性速射が強すぎたのか、
MH3Gでは「〇〇属性攻撃強化」と「属性攻撃強化」は重複は出来なくなった。
(狩猟笛や、チャチャカヤンバの踊りによる属性攻撃強化の重複は可能)

そして「属性攻撃強化」の方は、全属性1.2倍になり、実質上位互換スキルになったように思える…

ただ「属性攻撃強化」は防具、装飾品、お守りのいずれをとってもスキルポイントが低く、発動は難しい。

MH4・4G

  • 〇〇属性攻撃強化+3:1.15倍+90
  • 〇〇属性攻撃強化+2:1.10倍+60
  • 〇〇属性攻撃強化+1:1.05倍+40
  • 〇〇属性攻撃弱化:0.7倍
  • 属性攻撃強化:1.1倍
  • 属性攻撃弱化:0.9倍

MH4・4Gでは倍率および加算と言う計算式に変わった。

また「属性攻撃強化」は1.1倍に下がったものの、今作では重複が可能になっている。

ただし、純粋に1.1倍となるわけではない。

属性攻撃強化と同時発動させた場合は次のようになる。

  • 〇〇属性攻撃強化+3 → 1.25倍+90
  • 〇〇属性攻撃強化+2 → 1.20倍+60
  • 〇〇属性攻撃強化+1 → 1.15倍+40

本作ではW強化はそれほど強くならないので、「〇〇属性攻撃強化」だけに特化させた方が強くなりやすい。

また、片手剣、双剣使いにとっては、
MH4シリーズ以降、属性値0.7倍のマイナス補正が撤廃され強化された。

元々手数型武器であるため、当スキルの恩恵も大きくなっている。

MHX

  • 〇〇属性攻撃強化+2:1.10倍+6
  • 〇〇属性攻撃強化+1:1.05倍+4
  • 〇〇属性攻撃弱化:0.75倍
  • 属性攻撃強化:1.1倍
  • 属性攻撃弱化:0.9倍

+3が削除された以外はMH4・4Gに近い性能になっている。
本作は、属性値の表示に10倍が掛かっていないため、「1.10倍+6、1.05倍+4」と言った計算になる。

W属性強化も可能で、属性攻撃強化と同時発動させた場合は次のようになる。

  • 〇〇属性攻撃強化+2 → 1.20倍+6
  • 〇〇属性攻撃強化+1 → 1.15倍+4

スキル同士の掛け算ではなく、〇〇属性攻撃強化の倍率部分に上方補正が掛かる。

オススメされる武器種、対モンスター、状況など

  • 高い属性値で
  • 属性の通りの良いモンスターを
  • 何度も攻撃

この三拍子が揃うと絶大な効果を発揮する。

そのため手数型武器である、

  • 双剣
  • 片手剣
  • 属性ライトボウガンの速射

が特に手数が多い。

属性値に関しては概ね300以上(MHP3、MHXは30以上)辺りが目安だろう。
500以上だと相当強い。
なお、ライトボウガンの属性弾は

基本攻撃力÷100×45

が属性値となっている。

大型モンスターで弱点と言える属性肉質は、

  • おおよそ20以上辺り。
  • 30が一般的な水準

と考えておくと良い。

ただ、部位によって属性肉質は大きく変わるので、事前に肉質を理解しておく必要がある。


スポンサーリンク
→次の記事
以下のスキル 火耐性 水耐性 雷耐性 氷耐性 龍耐性 の効果、装飾品名、お守り(護石)のポイントについて紹介していきます。 対応する属性の
λ... 戻るボタン

共感できたら、広めてくださいな/人・ω・人\

フォローする